Deffic名古屋同好会稽古2回目

テーマ:
名古屋同好会2回目の稽古は、基本を身に付けようということでSDA(シングルダイレクトアタック)set'sの重要な部分をピックアップしたミット打ちを行いました。




ストレートリードからスウェイバック、そしてリアクロスというこの流れをミットで回数をこなし、慣れてきた頃に対人で相手の反撃も加えながら練習しました。





ちなみにこれはDefficのレベルテストの課題にもなっています。




そして今回は、6月17日に師父によるセミナーが開催される予定のため、師父から名古屋同好会の稽古で練習しておいてほしいと言われたナンバーシステム(身体を9つの部分に分けて、指示された番号をすばやく攻撃する練習)を行いました。

ナンバーシステムはコンビネーション攻撃の練習に最適ですが、次回セミナーではこのナンバーシステムにシラットの要素を取り入れていく予定とのこと。


後半には少しだけ4Gateでトラッピングの練習も行いました。

あるメンバーさんからトラッピングの練習をもっとしたいというお声があったので、今後はもっと詠春拳系の練習も取り入れていきます。