「Deffic」東京武館に通う門下生のつぶやき

「Deffic」東京武館に通う門下生のつぶやき

截拳道実践団体「Deffic」東京武館の稽古内容や思ったこと、感じたこと、直感が赴くまま書き綴ります。

2018年4月から稽古場が変更になります!
それに伴い稽古日時も変更となりますので、宜しくお願いします!



新しい稽古場→《studio worcle ikebukuro》

月曜日 19:30~22:00(201 studio)
木曜日 19:30~22:00(402 studio)※4月中のみ403
土曜日 19:30~22:00(201 studio)
+第3金曜日 19:30~22:00(501 studio)
稽古時間は2.5時間に拡大!
(ただし第5週はお休みになります)

丹師父の直伝稽古は第3金曜日と前日の木曜日になりました!



截拳道実践団体Deffic東京武館は門下生を随時募集中です。
確り身につけたい方、お待ちしてます!


→→截拳道実践団体Deffic公式website
→→截拳道実践団体Deffic東京武館Facebookページ





テーマ:

西日本の記録的豪雨による被災者の方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

今日のお稽古では詠春拳技法を中心に練習しました。

私個人の今年の目標は「詠春拳掘り下げ」でして、まさにうってつけの日でした。

 

グワンサゥ:

左手のダイボンサゥと、右のタンサゥを同時に出す防御です。

実践で反射的に出るようになるとかなり使えます。

また、グワンサゥで防御した直後に詠春拳技法を用いたさまざまなリポストが可能とのことでお手本を見せていただきました。

自分でやってみると結構難しく、もっと練習が必要です。。

 

 

ビゥサゥ → 手を入れ替えて ラプサゥ、ビゥジー → 手を入れ替えて パクサゥ、ビゥジー  の連続技です。

写真の方はきれいに決まってますね!

私には手を入れ替えるところが難しく、何度も練習して体に刷り込みました。

 

 

 

右フック → バックスピンキックのコンビネーションも練習しました~

↓上の写真の方と比べて回転がコンパクトに決まってます!

 

 

Deffic東京武館では門下生を募集しております!

見学体験はお気軽にお問い合わせください!

 

info@deffic.org

 


テーマ:

 

こんにちは!

 

Deffic東京武館の先輩の二人が「巌流島 手合わせ稽古会」に参加されました。

異種交流の場でDefficのメソッドを実践し証明してくれたこの先輩方、メチャかっこいいです。

さっそくその様子をお伝えいたします。

 

このイベントは「巌流島」という異種格闘技団体様が主催されてまして、違った流派の方々がそれぞれの格闘スタイルを実践し合い、お互いに良い影響や気付きが得られる素晴らしい交流会です。

空手やキックボクシングなど打撃系だけでなく、柔術やレスリングなど関節・寝技中心の流派の方々も参加されました。

前半の1時間は立ち技のみ1分1ラウンド、後半は寝技あり2分1ラウンドでマススパーが行われ、次々に多くの方と手合せができます。

 

↓こちら渡邊先輩についてツイッターから転載

その他詠春拳の方ともお手合わせされましたそうで、一時ジュクチュンチョイの撃ち合いとなった。周囲は興味深く見てくれたそう。

もう一方の松江先輩もPIA (Progressive Indirect Attack)を実践されて効果的に攻撃が入ったとのこと。

後半の寝技ありのマススパーでは、タックルを詠春拳のFuk Saoで制止しましたなど。

 

手合せをお願いするお相手にまず声をかけますが、この時「截拳道実践団体Defficの鈴木(仮名)です!」など自分のスタイルを名乗ります。

マススパーを終えたあと「ジークンドーの方ですね。本当にあのスタイルで戦うんですね〜」などと声を掛けられたそうです。

バイジョンスタンスをはじめ、Bong Saoなど詠春拳技法による中心線の守りや、ヒンジプリンシプルを使った肘の動きなどジークンドーの特徴的な原理が実践され、参加者の皆様にも印象を持って頂けたようです。

その他ツイッターで拡散しているようです。

先輩方のおかげで新たな気付きがありました。

 

 

Deffic東京武館では門下生を募集しております!

見学体験はお気軽にお問い合わせください!

 

info@deffic.org

 


テーマ:

こんにちは!

 

Defficでは1年に1度、昇級試験があります。

この日のため、門下生の皆さんはなかり集中して練習してきました。

 

今まで1年間、いろいろと取り組んだ結果を見られる場であり、プレッシャーもあり緊張します。

私もここ最近そのことで頭がいっぱいでした・・

とある門下生さんも、試験で失敗する悪夢を見たと仰られてました(゚Д゚;)

ではその様子をお届けします!

 

こちらの門下生さん、SDA(Single Direct Attack)を実践的に応用することが課題となります。

気迫あるファイトを見せていただけました~

 

こちらの方はABC(Attack by Combination)やHIA(Hand Immobiliaztion Attack)が課題となります。

詠春拳をかなり深堀りされてまして、きれいに技が決まりました。

 

こちらの方、実践にもかかわらず非常にうまく脱力できていて、そこから精密な詠春拳技法を披露されてました。

 

 

まさに必死に取り組んでいます。

 

こちらは上級者の実技です。

非常に高度なABD(Attack by Drwaing)の要素を実践しなければなりません。

 

 

終わった後で、昇級試験のおかげで格段に多くのことを、集中して学ぶことが出来たと思います。

試験のため、真剣にご指導頂下さったインストラクターや、練習に付き合ってくれた先輩の方々にも感謝の気持ちでいっぱいです。

また来年の昇級試験に向けて、更なる高みを目指して行きたいと思います~

 

 

 

Deffic東京武館では門下生を募集しております!

見学体験はお気軽にお問い合わせください!

 

info@deffic.org

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス