「Deffic」東京武館に通う門下生のつぶやき

「Deffic」東京武館に通う門下生のつぶやき

Deffic東京武館の稽古内容や思ったこと、感じたこと、直感が赴くまま書き綴ります。

稽古場→《studio worcle ikebukuro》

月曜日 19:30~22:00(201 studio)
木曜日 19:30~22:00(402 studio)
土曜日 19:30~22:00(201 studio)
+第3金曜日 19:30~22:00(501 studio)
稽古時間は2.5時間
(第5週はお休みになります)

丹師父の直伝稽古は第3金曜日と前日の木曜日になりました!
※2018年8月は第4金曜日(24日)に変更になりました。


Deffic東京武館は門下生を随時募集中です。
確り身につけたい方、お待ちしてます!


→→Deffic公式website
→→Deffic東京武館Facebookページ




こんにちは~!!

ブログ更新が滞っておりすみませんでしたm(_ _)m

 

Defficでは昇級試験があります。

門下生の皆さんは、普段のお稽古で仲間と楽しみながら技を学び、徐々に成長できている実感や喜びがあるんですが、、

昇級試験というチャレンジに数か月ほど集中して取り組みますので、一気に成長することになります。

自分の目指したい目標への道しるべを見つけたり、今後につながるとっても良い経験となります。

 

東京武館の門下生の皆さんが、それぞれのレベルの実技テストをされましたのでさっそくお伝えいたします!

 

白レガースの門下生さん、試験課題はDirect Attackをマススパーリングで表現することです。

上級者の先輩が相手になり、2ラウンド行います。

2ラウンド目の最後にナイスファイトを見せてくれました!

 

黒シャツの門下生さんの課題はAngle Attack系の技です。

マススパーリングでフックキックやコークスクリューパンチ、角度をつけたフットワークなどを表現します。

アングル系の技がシャープに決まってます!

 

 

こちらは詠春拳のChi Sao が試験課題となっています。

目をつぶった状態で感覚を研ぎ澄まし、パーリングを行います。

 

 

上級者の試験のマススパーリングです。

あらゆる技がダイナミックに放たれて、ご本人たちにとっては試験なんですが見ている私たちは感動してしまいました!
( ̄□ ̄;)スゲエ・・!

 

 

この日皆さんの実技試験は無事修了しました。

合格発表は未だ今後ですが、皆さん本当によくがんばりました!

後ほどよいニュースをお伝えできることと思います。

 

 

Deffic東京武館では門下生を募集しております!

見学体験は下記まで、お気軽にお問い合わせください!

info@deffic.org

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

続きまして、直伝稽古2日目の様子をお届けいたします。

 

今回前半は、基本戦術のDA(Direct Attack)やAA(Angle Attak)の要素を含んだ、新しいドリルを教えて頂きました。

全身をリラックスさせ、丹田(たんでん)を中心にした円や螺旋状の身体操作に、フットワークや手技が自然に付いてくるようなイメージで行います。

うまくできれば、筋力に頼らなくてもすばやい回避行動やそのあと流れるような動きで反撃に移ることができます。

 

これを応用して後半は、急に路上で身を守らなければいけない場面に出くわしてしまった時のような状況設定から、臨機応変にどう対応するか、トレーニングしました。

 

戦闘の準備がまったく無いナチュラルスタンスから、相手の攻撃

に瞬時に、且つ臨機応変に対応します。

 

ボーっとした至ってフツーなスタンス。

相手が攻めてきますがこれを・・ → 瞬時に対応!!

 

ポケットに手を突っ込んで戦意の全くないスタンスからのー・・

→ 瞬時に対応!!

 

 

続いて2対1のシチュエーション 。

 

複数の相手から攻撃された場合、自分の位置取りが重要となります。

1人目と対峙している最中は、2人目の相手のブラインドとなる位置を取ります。

 

私は、実戦に近いシチュエーションでは前半のドリルで練習したようなリラックスした身体操作はなかなかできず、りきんでしまいました・・

 ( ;゚A゚)/

もっと練習しよ〜!

 

 

Deffic東京武館では門下生を募集しております!

見学体験はお気軽にお問い合わせください!

🌸4月14日迄入会キャンペーン実施しています🌸

 

info@deffic.org

こんにちは!

ここ最近、Defficの活動は本格的に海外へと広がっております。

それに伴って、今月より組織名もDeffic International Modern Martial arts Federationと刷新されました。

現在、Deffic公式ウェブサイトの英語版も作成中であり、近日公開予定でございます。

 

僭越ながら私が翻訳の作業もさせていただいておりまして、ブログの更新が滞ってしまいました m( __ __ )m スミマセン

 

ではさっそくDeffic東京武館の丹師父直伝稽古、2月の様子をお伝えいたします!

 

1日目は詠春拳系のドリルを通して、各種技法や身体操作をご教授いただきました。

例えばラプサウ→グワチョイ、とここまではわりと一般的なコンビネーションですが、そこからからクルっと相手の腕と内股をコントロールして、崩します。

シラットのビセットに似たような状態になって・・↓こうなります。

 

Defficの詠春拳技法を習得するための基本を詰め込んだ、雙黐手(セオンチーサオ)のドリルがありますが、普段とは逆手で行いました。

いつもとは真逆の動きに、私は脳の回路に混乱をきたしてしまいました・・・(; ̄Д ̄)

 

↓この脳トレに皆さん、ついにはニヤけてきます(笑)

 

今回は様々な新しいドリルを門下生の皆さんと楽しみながら、気付きやひらめきを得ることができました!

 

 

Deffic東京武館では門下生を募集しております!

見学体験はお気軽にお問い合わせください!

🌸4月15日まで入会キャンペーン実施中です!🌸

 

info@deffic.org