ホーム開幕勝利サイコー!

テーマ:

●第2節 鹿島vsG大阪 1-0

 得点:むー!

 

 

あれ、水戸とのプレシーズンマッチには行ったので書いたと思ってたけどサボってたんだな。てことは、あけましておめでとうございます(笑)。

 

いやー、ACL2戦と開幕清水戦はテレビ観戦だったわけですが、内容はいいとか言われているほどよくは見えず、レオシルバとペドロは本当にスタメンレベルなの?と疑問をいだきつつ迎えたホーム開幕戦。鹿嶋、あったかいなー!仙台はまだ寒いよ。明日から暖かいようですが。

 

待望のオガサ先発。やっぱり盛り上がる。みんなウレシい。それに、今日は中盤でのロストにハラハラすることがほとんどなくてそういう意味でもすっごくストレスフリー。三竿もめちゃ良かったしね。なんかどんどんスキルアップしてるな三竿。健斗。何度取り切ったかわからん。いやオガサの話だった。レオ先発の時と比べると全体のバランスをオガサが取ってくれてるので全体の動きがスムーズでさ、応援する方の身にもなってよ大岩監督!って感じだったよ。オガサっぽいキラーパスこそ今日はあまり出なかったけど、危ないところに颯爽と現れるカバーリングも相変わらず神。ただ、オガサはACLに出たいんだろうけどな…。

 

試合は前半からたくさんのチャンス。そしてつぶす。夢生のシュート外しは、打ってるうちに入るぜ!なんだけど、ペドロのは、お前は打つな早く出せ、と思ってしまうのもしょーがないでしょう。ここまでのあの有様では。本人も焦ってるのかもしれないけどなあ。助っ人だからなあ。しかも前線のプレスもあんまり行かないで真ん中でボール待ってるから夢生がサイドに流れて受けて起点→クロス→ペドロ外す。おい! ちゃうねん!夢生が中にいないと点入らんのや!

 

せめて東口を退場にしてくれてたらペドロ偉い!ってなってたんだけど。あのシーンについては帰って映像と競技規則を確認してから書くかもしれない。サボるかもしれない(笑)。

 

もう、どう考えても優磨入れるしかないけど、後半頭からは替えないよねえ…とか相方と話していた予想は当たり、大岩監督が動いたのは65分。我慢の時は長かった。

 

優磨が呼ばれて、あ、やっと交代だな、ってあたりのタイミングで、ピッチの選手達の動きが止まったよね。エアポケットにはまったみたいに。あーぶーなーいー、集中してええええ!とめっちゃ危機感だったんだけど、あれ絶対選手のみんなも「やっと優磨きたよ…早く入ってくれよ…」って待ってたんちゃう?(笑)。

 

スローインを受けた優磨がファビオを外してマイナスのクロス、飛び込んだ夢生がダイレクトでゴールぅぅぅぅ!!!!やった、やったようぅぅっ。やっと入った1点取るってすばらしい。阿鼻叫喚。優磨と夢生が一緒にいると点が入る気がするもんなあ。優磨はギラギラで売ってるけど足元すんごい上手いんだよね。上手さをちゃんと成果に結びつけられる。そういうところも夢生とのコンビ相性のよさに繋がってると僕は思ってるんである。

 

遠藤の怪我で入った安部がアディショナルタイムに傷んでヒヤヒヤしたり、それにしたってアディショナルタイム長すぎじゃろ!のクレームの嵐の後のホイッスル。ほええええ。勝った。勝ったよ。久しぶりだよ。西村主審にも負けなかったよ。

 

まあ1点取るのにあんだけ苦労しておいて言うのもなんですが、ガンバは全く歯ごたえのないチームになってました。クルピサッカーに改造中? あんまり動きがないからかセカンドボールも取りやすかったし、プレスかけるとわりと簡単にボール取れたし。こっちのミスで取られてもあんまカウンターの怖さもなかった。東口じゃなくて藤ヶ谷だったらあと3点は取れてたと思うんだけどなー。ま、終盤のポストくんは焦ったけどな! あれ誰のシュートだったんだろ。帰り着いたらNHKの録画観ようっと♬