american Idiot | 愛知のオルタナティブロックバンド『deepsleep』PATAのブログ

愛知のオルタナティブロックバンド『deepsleep』PATAのブログ

愛知県安城市のオルタナティブロックバンド『deepsleep』ドラム担当PATAのブログ。
deepsleep …グランジ、UK、シューゲイザー等、様々な音楽の要素を取り入れ、型にはまらない自由な楽曲を大音量で発信する。名古屋や県外でもライブを行っている。


テーマ:
愛知のオルタナティブロックバンド、deepsleep ドラム担当のPATAです。

私の人生を変えた一枚。



今日は左上のアルバムです。


{A4A53EBB-6FB9-4549-824E-C0B3262B2DA9}




GREEN DAY
American Idiot





アメリカのパンクロックバンドのアルバム。
発売当時、僕は高校三年生。


まだまだ残暑の残る2004年9月。

大好きなグリーンデイのニューアルバムが発売ということで、学校からチャリを飛ばしてTUTAYAさんへCDを買いに行きました。


ハート形の手榴弾を持ったアルバムジャケットに忌々しさを感じつつ封を開く。



一曲目、タイトル曲。



もの凄いエネルギーの音と声が飛んできた。



「バカなアメリカ人にはなりたくない」と歌うビリーさん!!


不満、嫌悪、怒りの感情丸出しで、本音で言いたいこと言っちゃうビリーさん!!



2曲目以降は、このアルバムの主人公であるジーザスオブサバービアが故郷を飛び出し、様々な葛藤と闘い、最終的に元ある場所へ戻ってくるまでの物語。



自分が今まで聴いてきた、愛だの恋だのといった
テーマの音楽とはまるで違って、すごく尖っていた。





曲も今までのグリーンデイみたいに決して明るくない(ように聞こえる)。どことなく重くてシリアスな空気がアルバム全体にあった。




異常なまでに高いエネルギーがスピーカー越しでも分かるくらい伝わってきて、全部聴き終わった後にしばらく放心状態になった。



1曲12分間のドラマティックなロックオペラもあったためか、濃厚な内容の映画を1本観終わった後のあの感覚になった。



そしてまた、ジーザスオブサバービアの物語を体験したくて始めから聴き直した。



実に出来すぎたアルバム。



パンクロックとは何なのか?

ロックとは何なのか?


このアルバムが全部教えてくれた気がします。



これまでも、これからも、僕のバイブル的な存在のアルバムです!!



それでは!





YouTube「クロ」
↓↓↓


soundcloud「クロ」「ぐるぐる」
↓↓↓↓

deepsleep PATAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス