愛知ライブバンドLIFE!! | 愛知のオルタナティブロックバンド『deepsleep』PATAのブログ

愛知のオルタナティブロックバンド『deepsleep』PATAのブログ

愛知県安城市のオルタナティブロックバンド『deepsleep』ドラム担当PATAのブログ。
deepsleep …グランジ、UK、シューゲイザー等、様々な音楽の要素を取り入れ、型にはまらない自由な楽曲を大音量で発信する。名古屋や県外でもライブを行っている。


テーマ:
どうも、愛知のバンド、deepsleepドラムのPATAです!!


今日は勝手に使用機材のご紹介&レビューのコーナー!!



今日はこれ!



photo:01





LUDWIG LB416 14×5インチ
ブラックビューティー





我がメインスネアで、deepsleepの心臓部分であります。




大学に入学した当時、大学の近くにある豊橋のシライミュージックさんに試打をしに行って一目惚れして買ったスネア。8年くらい使ってることになるね。


歴史は古く、1920年代から製造が始まり、素材を変えながら現在まで生き続ける、ラディック社の名器です。




ルックス…ブラックビューティーという名前の通り、ブラックニッケル塗装をされたブラス素材の黒いシェルが特徴。持ってみると、見かけによらず重いです。
スネアを下側から見ると、これ明らかにちゃんと丸い円を作ろうとしてないよね。笑


とツッコミたくなるくらいガタガタな造り。




音量…リムショットすると、初めはびっくりするほどデカイです!!

リムに引っかけない時との音量差があるのでリズムパターンやフィルに表情がつけやすいです。


ライブでも、deepsleepの轟音のアンサンブルに埋もれない絶対的な存在感があります!






音質…ブラス特有の中低音が効いた成分と、ラディック特有のカーンと弾ける明るい成分が混ざって、音の幅がかなり広い印象。どんなチューニングでもいけます。


リムを引っかけないと、とても上品な音。リムを引っかけるとサスティーンが長く残ります!


ラディックさんは国産のスネアと比べ、かなり粗い造りで、音もじじゃ馬なものが多いのに、ライブやレコーディングだとしっかりアンサンブルに馴染む、本当に不思議なメーカーです。






ちなみに僕は、
表ヘッド…レモ、パワーストローク3

裏ヘッド…レモ、スネアサイドフラット


スナッピー…ピュアサウンド、カスタムシリーズ20本


ワッシャー…カノウプス、ボルトタイト


というセッティングにしています。


最近、フロントのふたりがぷ厚いサウンド作りに余念がないので、それに十分渡りあえるような太い音を模索中です。





最近は、対バンのドラマーさんでも持っている人を多く見かけるこのブラックビューティー。



永遠の名器であるとともに、これからもずっとdeepsleepのリズムを支える存在になるであろうこのスネアをぜひライブで気にして聴いてみて下さい!!




それではグッバイ!!



バンドのライブ動画、スケジュール等はこちらから
↓↓↓↓
http://deepsleep.biz/


Twitterアカウント
takumi_hatake

deepsleep PATAさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス