WAVE -3ページ目
2014-03-25

小さい花

テーマ:

庭に咲いた花を手折って、活ける。

そんな生活が、いつかできたら・・・と憧れる。

小さくて、色鮮やかではない花も、
静かな存在感を引きだして飾ることが出来たらいいな~と考えて、

ベランダの植木鉢から、今日も。





2014-02-22

2月の贅

テーマ:

まだまだ寒い日が続くけれど、少しずつ日が長くなっているのを実感するこのごろ。


お給料を頂戴したそんなある日、

街のお花屋さんの店先でお買い得品としてまとめられていたチューリップ。


旬のお花は、とても強くて美しい。

だから、色々を一種活けにする。

あちこち色々な方向を向くのも、チューリップの魅力。

これでなんと、1000円。


ああ、なんというシアワセ。








2014-02-11

あたたかい巻物

テーマ:

昨年末、迷いに迷って、夢にも出てきたから購入した1枚。


Royal StewartやBlack Stuartなどの『ド定番』の柄も素敵だけれど、「今の私」にはきっと似合わない。

あと20年位したら、欲しいかも。

「今の私」がBlack Watchと最後まで迷って選択したのは、この渋色。

ここ数日の寒い日にも大活躍。

ぐるぐる巻いたり、ふんわり纏ったり、いずれにしても少しだけ頬に触れるようにして使う。

そうするとカシミヤのふんわりしっとりした感触でこころまでぽっかぽか。







2014-01-17

1月の贅

テーマ:

明け。本年も、拙ブログを御贔屓に。


新たにテーマ「潤」を追加しました。


お給料をもらう生活も、もうずいぶん経過しました。

いつも贅沢はできないけれど、お給料を頂戴したときには自分なりの「ちょっと贅沢」を。

いつもよりも、ちょっと。

その「ちょっと」が、私のこころの潤いになるのです。


今月は、こちら。

サンタ・マリア・ノベッラのタボレッタ ザクロ。

あのバスソルトの香りが、フレグランスバーとしてデビュー。

ひとつは、玄関に。

もうひとつは、クローゼットに。

真紅のリボンは気分も上がります。






2013-12-30

縞々

テーマ:


ある夏の日にオーダーしたこの縞々の玄関マットは、

クリスマスイブの前日に我が家に届きました。


昭和初期に、芹沢銈介によって意匠された倉敷段通は、

表は麻レーヨン、裏は岡山の特産品であるイグサと和紙でできています。


ベージュとネイビーの縞々は、しびれるほどに素敵。

和にも洋にもあわせることができて、とてもモダン。



まだ新しいので、玄関を開けるとふわりと爽やかなイグサのいい香り。

来年もたくさんのHAPPYが、この玄関から届きますように。










Ameba人気のブログ

Amebaトピックス