「落ち込みや不安」を大きくしない方法。 | HIDECOの東京ヒプノセラピー/瞑想講座/レイキヒーリングオフィスのブログ

HIDECOの東京ヒプノセラピー/瞑想講座/レイキヒーリングオフィスのブログ

人形町徒歩2分/水天宮徒歩5分/茅場町徒歩10分のヒプノセラピー/瞑想講座/レイキヒーリングオフィスのブログです。皆様の健康と夢の実現の為に情報を発信しております。

 

 

 セラピスト、HIDECOです<水天宮徒歩2分・人形町徒歩5分・茅場町徒歩7分のHIDECOの東京ヨガセラピー/ヒプノセラピー/レイキ教室のHPはこちら

 

 

 どうやったら、この落ち込みや漠然とした不安状態から脱する事が出来ますか?とよくご相談を受けます。

 

 

 その落ち込みや不安を大きくしない、ちょっとしたコツを書いてみたいと思います。

 

 

 その落ち込む直前に、自分が考えた事や感じた事を思い出してみて欲しいのです。そうすると、

 

 

「 ああ。こう考えたからだ。こう感じたからだ 」

 

 

 と、落ち込んだ元となった思考や感情に気が付くはずです。嘘の様ですが思考のスピードは速いのでほとんどの方は気が付いていません。ちょっとした、たとえ話ですが、人は自分の言った事も忘れていますよね。貴方は覚えている事でも相手は全く覚えていない事ってないですか?無意識に言っている場合は、相手は覚えていないのですね。(勿論、落ち着いて思い出せば、無意識に言った事も思い出せます。潜在意識の中には全て残っています)それと同じ様に、自分の思考も気が付けない程、速い場合が多いものです。

 

 

 しかし、気が付けば、

 

 

「 それを考えたら落ち込むわ。不安になるわ ビックリマーク」と落ち込みや不安の理由が自分の思考や感情にもある事が分かる筈です。(勿論、誰でもそれは落ち込む・・・という大きな大惨事も世の中にはありますが、それは別の機会に書くとして)

 

 

 落ち込みの元となった思考や感情に気が付かずに放っておけば、いつの間にか不安は大きな物になり、自分ではどうにも出来ない大きな不安感になってしまいます

 

 

 感情の付き合い方って、こんな感じで、小さな感情にいち早く気が付けば対処は幾らでもある訳です。

 

 

 瞑想を習慣にしてみたり、ヒプノセラピーを受けたりする事は大きな気付きを得る事に繋がります。思考も感情も目に見えない上に、普段は物凄いスピードで動いてます。科学者により見解は異なりますが、人間は一日に5~7万回位の思考を行っているそうです。しかもほぼ同じ事をグルグルと考えています。

 

 

 問題の答えは、意識の5%程しか占めていない頭(思考)の中にはありません。

 

 

 答えや素晴らしい閃きは、95%を占める潜在意識の中にあります。それにいきつくには、心を無にする事。リラックスする事が大切です。

 

 

 一日に一度でいいので、心を無にする時間(お散歩でもコーヒータイムでも音楽鑑賞でもダンスでもゆったりまったりお風呂でも何でもOK!)をお作りになって下さいね。

 

 

 

 対面でのご予約は24時間、HPのネット予約で承っております。その他、電話カウンセリング、Skypeでのヒプノセラピーや瞑想講座の受講が可能ですが、対面以外の場合はinfo@decoyoga.comまでお問い合わせ下さい。

 

 

<三蜜無しの広いオフィスです!人形町徒歩2分・水天宮徒歩4分・茅場町徒歩7分のHIDECOの東京ヒプノセラピー/瞑想講座/レイキヒーリングオフィスのHPはこちら




ドキドキ本日のランチはサロンの近くの人形町に出来たばかりの寅次郎さんへ。福島産の干物定食が美味しかったです。夜は福島の酒蔵さんのお酒が飲めるみたいです。頑張れ、福島アップ頑張れ、日本アップ

 

 

 

 

 

 

 


チューリップ赤Kindle本の購入特典として付けさせて頂いた「安眠とストレス緩和が期待出来るリラクゼーション音声」の試聴用サンプルをYoutubeにアップしてみました。良かったら聞いてみて下さい。是非、目を閉じて体感してみて下さいねラブラブ

 





宝石赤更新の励みになります。良かったら温かい1クリックで応援して下さいドキドキ
(一日ワンクリック有効となります。)

 


 

 

 

 

 

 

 最後までお読み頂き有難うございましたドキドキ