冬至には開運、風邪予防、美肌、リラックスの為に柚子湯へ。 | HIDECOの東京ヒプノセラピー/瞑想講座/レイキヒーリングオフィスのブログ

HIDECOの東京ヒプノセラピー/瞑想講座/レイキヒーリングオフィスのブログ

人形町徒歩2分/水天宮徒歩5分/茅場町徒歩10分のヒプノセラピー/瞑想講座/レイキヒーリングオフィスのブログです。皆様の健康と夢の実現の為に情報を発信しております。

 

image

 

 HIDECOです<人形町徒歩2分・水天宮徒歩4分・茅場町徒歩7分のHIDECOの東京ヒプノセラピー/瞑想講座/レイキヒーリングオフィスのHPはこちら

 

 

 本当に早いもので明日(22日)は冬至です。「冬至にゆず湯に入ると風邪をひかない」とよく聞きますね。スーパーにも柚子が売られていましたが、どういう効果があるのか一応調べてみました。

 

 

  「冬至」は、1年で一番夜が長く、昼が短い日となります。つまり、冬至の翌日からは昼の方が長くなり、太陽の力が強まっていきます。陰の気が極まって陽の気に向かう折り返し地点とも位置づけられていた訳です。この考えが「一陽来復(いちようらいふく)」というもので、衰運をあらため幸運へと向かうみそぎの意味合いで柚子湯に浸かる風習が出来たみたいです。

 

 

 何故、柚子なのかという事は諸説ありますが、一説によると、語呂合わせの意味から始まったとも言われています。湯に入って病気を治す「湯治と冬至」、「融通とゆず」の語呂合わせから、冬至にゆず湯に入る文化が定着されたとか。冬至は体を清めて厄払いをする「禊(みそぎ)」の日だとされていた他、ゆずの強い香りが邪気を払うとも考えられていたようです。 さらに、ゆずが実るまでに長い年月がかかることから「長年の苦労が実りますように」という願いも込められているようです。 

 

 

 効果としては、柚子に含まれるビタミンCの含有量は柑橘系の中でトップクラスなので、様々な効果が期待出来ます。肌の保水性を高めるので乾燥肌の方や、抗酸化作用による老化防止風邪予防効果が期待できます。 また、ゆずの主成分であるリモネンは血行促進&冷え性に効果があります。又、揮発性のため、お湯に入れるとゆず独特のさわやかな香りがさらに立ち、リラックス効果をもたらします。私も昨夜から柚子湯に入っていますが、確かにリラックス&リフレッシュ出来ました。

 

 

 年末にかけて、悲しくなるニュースで賑わっていますから、意識的に気分を盛り上げる工夫が本当に必要だと感じています。カボチャ等の体にいいものを美味しく頂き、柚子湯で温まってリラックスしてお過ごし下さい。

 

 

 対面でのご予約は24時間、HPのネット予約で承っております。その他、電話カウンセリング、Skypeでのヒプノセラピーや瞑想講座の受講が可能ですが、対面以外の場合はinfo@decoyoga.comまでお問い合わせ下さい。

 

 

<三蜜無しの広いオフィスです!人形町徒歩2分・水天宮徒歩4分・茅場町徒歩7分のHIDECOの東京ヒプノセラピー/瞑想講座/レイキヒーリングオフィスのHPはこちら

 

 

チューリップ赤私のKindle本の購入特典として付けさせて頂いた「安眠とストレス緩和が期待出来るリラクゼーション音声」の試聴用サンプルです。良かったら聞いてみて下さい。是非、目を閉じて体感してみて下さいねラブラブ

 

 

 

 

 

 

宝石赤更新の励みになります。良かったら温かい1クリックで応援して下さいドキドキ

(一日ワンクリック有効となります。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後までお読み頂き有難うございましたドキドキ