ご利益のある小網神社への参拝。 | HIDECOの東京ヒプノセラピー/瞑想講座/レイキヒーリングオフィスのブログ

HIDECOの東京ヒプノセラピー/瞑想講座/レイキヒーリングオフィスのブログ

人形町徒歩2分/水天宮徒歩5分/茅場町徒歩10分のヒプノセラピー/瞑想講座/レイキヒーリングオフィスのブログです。皆様の健康と夢の実現の為に情報を発信しております。

 

 HIDECOです<人形町徒歩2分・水天宮徒歩4分・茅場町徒歩7分のHIDECOの東京ヒプノセラピー/瞑想講座/レイキヒーリングオフィスのHPはこちら

 

 

 今日は、サロンのすぐ近くにある「 小網神社 」へご参拝させて頂きました。土日には参拝者で行列が出来ているご利益の多い日本橋小網町の氏神様です。私もよくご参拝させて頂き、おみくじから多くのメッセージを頂いております。

 

 

 小網神社は、室町時代にこの辺りの領主であった太田道灌(江戸城を築城した方)からそのご利益を認められ、土地を寄付された神社です。サロンや私の自宅のあるエリアは「 道灌の時代からの武士達が地下でスクラムを組んで守っている・・・」とメッセージを受けた事もあります。あの時は、本当に不思議でしたが、ご縁あって住まわして頂き、サロンまで持たせて頂いている事を有難く思う毎日です。

 

 

 元は、疫病から逃れた事がきっかけとなり栄えた様ですが、その後も幾多の戦争からも逃れ、現在は日本橋地区に残されている唯一の戦前の木造神社建築となっています。

 

 

 第二次世界大戦の際も、戦地へ赴くことになった氏子の出征兵士に対し行った出征奉告祭に参列し、小網神社の御守を受けた兵士が全員生還されたそうです。あの、昭和20年3月10日の東京下町地区に未曾有の災害をもたらした東京大空襲の際は、社殿を含む境内建物は奇跡的に戦災を免れています。人形町に老舗が多く残っているのは、空襲で焼けなかったからなのです。

 

 

 

 旧社殿は大正12年(1923年)9月1日の関東大震災において倒壊しましたが、当時の宮司は稲荷大神や弁財天等の御神体を抱え、近くの新大橋に避難しました。そこへ大挙して避難してきた人々に混乱がなく、また新大橋自体も落ちずに、大勢の人が助かったといわれています。当時の様子は新大橋の袂にある避難記念碑にも「小網神社の御神体を伏して拝み、加護を願った」と記されています。

 

 

 お写真は、失礼にあたるかもしれないので、撮影はしてきませんでした。おみくじのメッセージは有難く頂き、今後も公私ともに頑張っていこうと思います。

 

 

 緊急事態宣言で遠出はなかなか出来ない方も、お近くの氏神様にお参りされると気持ちが安らいてこられると思います。おみくじを引く時には、「 私に必要なメッセージを下さい 」とお願いして引くといいですよ。

 

 

合格サロンのルーフバルコニーで育てているお榊に今年も可憐なお花が咲きました。普通に売っているお榊をプランターに挿してみたところ、大きく育ちました。

 

 

 

 緊急事態宣言中も営業しております。対面でのご予約は24時間、HPのネット予約で承っております。その他、電話カウンセリング、Skypeでのヒプノセラピーや瞑想講座の受講が可能ですが、対面以外の場合はinfo@decoyoga.comまでお問い合わせ下さい。

 

 

<三蜜無しの広いオフィスです!人形町徒歩2分・水天宮徒歩4分・茅場町徒歩7分のHIDECOの東京ヒプノセラピー/瞑想講座/レイキヒーリングオフィスのHPはこちら

 

 

チューリップ赤私のKindle本の購入特典として付けさせて頂いた「安眠とストレス緩和が期待出来るリラクゼーション音声」の試聴用サンプルです。良かったら聞いてみて下さい。是非、目を閉じて体感してみて下さいねラブラブ

 

 

 

 

 

 

宝石赤更新の励みになります。良かったら温かい1クリックで応援して下さいドキドキ

(一日ワンクリック有効となります。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後までお読み頂き有難うございましたドキドキ