「根拠の無い自信」とノーベル化学賞とリチウムイオン電池。 | HIDECOの東京ヒプノセラピー/瞑想講座/レイキヒーリングオフィスのブログ

HIDECOの東京ヒプノセラピー/瞑想講座/レイキヒーリングオフィスのブログ

人形町徒歩2分/水天宮徒歩5分/茅場町徒歩10分のヒプノセラピー/瞑想講座/レイキヒーリングオフィスのブログです。皆様の健康と夢の実現の為に情報を発信しております。

 

 

 

 セラピストHIDECOです<人形町徒歩2分・水天宮徒歩4分・茅場町徒歩7分のHIDECOの東京ヒプノセラピー/瞑想講座/レイキヒーリングオフィスのHPはこちら

 

 

 「 僕は、私は根拠の無い自信があるのですが・・・ 」

 

 

 と、皆さま、その根拠について自信が無さそうにお話しをして下さいます。

 

 

 しかし、実は、その自信には根拠が大いにあるのです。

 

 

 「 何となく、上手くいく気がする 」その勘や閃きは、私達の奥深く、内側からやってくる心の声であり、メッセージであり、気付きであり、それこそが、本当の意味での自信となり得るものだと思うのです。

 

 

 今朝、ニュースを賑わしたノーベル化学賞を受賞された「 リチウムイオン電池 」の父、吉野彰さんが、インタビューにこう答えておられました。

 

 

「 魚のいる所に糸を垂れよ 」(この言葉に、私はビビビッアップときました)

 

 

 研究者は、本当に長い年月をかけて研究人生を送られます。その長い年月をかけるには、ある種の「 閃き 」「 ここに魚がいるという勘 」が正に必要で、この閃きこそが、「 根拠の無い自信 」だと思うのです。

 

 

 そして、大型の台風19号が直撃するかもしれないこの時期に、異常気象から私達を守ってくれる基礎となり得る様な「 リチウムイオン電池 」がノーベル賞を取った事も偶然では無いと思うのです。

 

 

合格異常気象をもたらしている大きな原因の一つ、温室ガスを発生させず、そして私達の未来に必要な再生可能エネルギーである風力や太陽光エネルギーとリチウムイオン電池を組み合わせれば、自然に優しい再生エネルギーを蓄電出来、安定供給が可能だと言われています。

 

 

 

 希望の光が、私には観えました照れ



 吉野彰さんの様な「 地球の宝 」は、私達の閃き=「 根拠の無い自信 」、そして、継続する信念かもしれません。

 



 根拠の無い自信を、本当の自信に変えるのは、最初の一歩です。




 「 貴方の力を信じて 」



 
 
 
チューリップ赤私のKindle本の購入特典として付けさせて頂いた「安眠とストレス緩和が期待出来るリラクゼーション音声」の試聴用サンプルです。良かったら聞いてみて下さい。是非、目を閉じて体感してみて下さいねラブラブ
 
 

 

 

 
 
宝石赤更新の励みになります。良かったら温かい1クリックで応援して下さいドキドキ
(一日ワンクリック有効となります。)

 

 

 

 
 
 
 

 

 

 

 最後までお読み頂き有難うございましたドキドキ