「私は親のようにはならない」~嗜癖問題とその子どもたちへの影響~by クラウディア・ブラック | HIDECOの東京ヒプノセラピー/瞑想講座/レイキヒーリングオフィスのブログ

HIDECOの東京ヒプノセラピー/瞑想講座/レイキヒーリングオフィスのブログ

人形町徒歩2分/水天宮徒歩5分/茅場町徒歩10分のヒプノセラピー/瞑想講座/レイキヒーリングオフィスのブログです。皆様の健康と夢の実現の為に情報を発信しております。



 

 セラピストHIDECOです<人形町徒歩2分・水天宮徒歩4分・茅場町徒歩7分のHIDECOの東京ヒプノセラピー/瞑想講座/レイキヒーリングオフィスのHPはこちら

 

 

 

  暑い日が続いています。通勤時の汗の掻き方も尋常では無く、毎日お洗濯が大変です。

 

 

 さて。本日は、アダルトチルドレン(AC=機能不全家庭で育った、行き辛さを感じている人たち)向けの一冊をご紹介します。クライアント様にお勧めの本を教えて下さいとリクエスト頂く事が多く、自宅の本棚から何冊か再読しているところです。

 

 

 

 

  多くのアダルトチルドレンと思われる方々は、実際に「責任能力がある(一人で何でも解決出来てしまう)」 「思いやりがある」「危機に適応する事が出来る」等の到底有害とは思えない特徴を持っており、当オフィスに来られるクライアント様も、見るからに健康的で、才能に溢れ、所謂経済的に成功しておられ・・・等の外見からは、悩み等なさそうな方がほとんどなのですが、カウンセリングを行わせて頂くと、本当に過酷な環境で生き延びて来られた方が多い事に驚かされます。
 
 
 しかし、そんな「順調に見える(looking good)」人達の生育環境の中での、生き残りの手段は、しばしば極端なまでに不健康なものになってしまう事があります。この対処行動の異常な発達は、多くの場合、情緒的・心理的障害を来します。

 
 
 優しすぎる(依存する人を寄せ付けたり、配偶者にしたりしてしまう)、頑張りすぎる、ワーカホリック、各種依存症(アルコール依存、過食、摂食障害、薬物依存、恋愛依存、買い物依存、ギャンブル依存)等などは、何でもやりすぎる事でしか生きる事が出来なかった幼少時に身についた思考や行動の癖です。子供時代に、子供らしい子供時代を過ごしておられません。今はもう必要無くなってもその同じ方法を繰り返している事で、新たな問題を作っている方も多いのです。
 
 
 本書を読み進める上で、自分の思考や行動の癖や、感情パターン(多くの場合は、感情に蓋をして感じないように、感じないように麻痺させています)を確認し、その強みと弱みを認識する事は、貴方の行き辛さや問題を克服する一助になります。当オフィスでは、ヒプノセラピーで行なっていきます。
 
 
 改めて、幼少時の体験やその時の感情を思い出し、辛くなる方もおられるかもしれませんが、そのプロセスは、楽に生きられる様になる為に必要なプロセスです。
 
 
 最近は、結果が出るのが大変早くなっており、今日ヒプノセラピーのご予約を頂いた方も「一度で劇的な変化がありましたっ!」と、ご報告下さいました。
 
 
 地球規模での異常気象と経済の混乱の中、私達の変化も早くなっています。嫌なのに、変わりたいのに、同じ事を繰り返してしまう・・・そんな方、この夏にお勧めの一冊です。

 

 
 
 
チューリップ赤私のKindle本の購入特典として付けさせて頂いた「安眠とストレス緩和が期待出来るリラクゼーション音声」の試聴用サンプルです。良かったら聞いてみて下さい。是非、目を閉じて体感してみて下さいねラブラブ
 
 

 

 

 
 
宝石赤更新の励みになります。良かったら温かい1クリックで応援して下さいドキドキ
(一日ワンクリック有効となります。)

 

 

 

 
 
 
 

 

 

 

 最後までお読み頂き有難うございましたドキドキ