カンボジア

テーマ:

今まで見てきた事を忘れてはいけない事だと思うので過去の旅を記録に残してみます。


 

私はタイが大好きで一人旅を始める前まではツアーでタイへ何度も訪れてました。

 

現地の日本語を喋れるガイドさんが最初から最後まで付きっきりの。

 

あるときイミグレーションで大きなリュックサックを背負ってボロボロの人たちを見て

純粋に「この人達何だろう?戦地から帰って来たのかな?」

って思った。

後に聞いたら単独でリュック一つで世界を回ってる旅人だって知って

彼らを単純に知りたくて調べたんだ。

 

そしたら世界史の教科書ではなんとなく知っていたけれどあまり理解できなかった色んな国の様々な事や出来事や

日本で平和に暮らしてたら考れらない文化、宗教、政治、etcが目に入って私も飛び出して見たくなった。

 

そして最初に選んだ国がカンボジア。

2009年タイから陸路にて渡航。

{6664B413-CA63-40A7-AF5F-80AE8826A25D}


 

カンボジアには昔って言ってもまだ30年前酷い出来事があった。

 

ポルポトっていうオッサンが自分より頭が良くて知識があるちょっとイケてる奴らが気に食わなくて

独裁政権を握って「原子共産主義社会」っていう

農家だけで国を統制して原始的な社会を目指そうと

 

知識人(学校の先生とかお医者さんとか政治家とか技術者とか)を集めて一気に殺したんだよね。

 

それからどんどんエスカレートしてって

虐殺された家族や親戚や近所の人まで老若男女問わずどんどん収容所に集めて拷問しては虐殺してった。

小さな子供は生きたまま死ぬまで木に打ち付けられて女の人は裸にされて生き埋めにされたんだって。

 

道歩いてたちょっとイケメンなお兄さんとかもポルポトにとっては気に食わないから首切って真っ二つに割って埋めたり

火炙りにしてみたり串刺しにしてみたりギロチーンって

もうなんだか今の北朝鮮の誰かさんみたいな、いやそれ以上な、、、

 

!!!マジキチ!!!

 
そんでもって内戦が終わるまで最終的に自分の国に地雷をばらまき続けて国中地雷だらけ。
地雷っていうのは殺すのが目的ではなくて障害者を増やして働けなくさせるのが目的。

国民の半数以上は地雷踏んでボーンっつって手足がなくなっちゃったり失明っていう

歴史的最悪な出来事。
 
これは知らなきゃいけない事だとなんだか思った。
 
遺跡はとっても綺麗で♡美しかったです♡うふ
 
って言うのはとっても簡単な事だけど、
 
その遺跡の背景にあるこの国が歩んできた歴史を知る必要性があると思うから
写真を貼る前にポルポトのおっさんがしでかした事をここに記しました。
 
ポルポトが生きてたらISISに首をはねて頂いたい。


地獄を経験してきた国に残された美しい遺跡。

世界遺産。
 
アンコールワット
 
{564C0A08-63FF-42E0-B793-FA0E96DB5F8F}


バイヨン
{EFB64283-6ABE-42C9-83C8-A52DB9896529}


 
ベンメリア
 
{13830AF6-0778-4F92-9550-C2F908696A1E}

 
マジでラピュタ。
{C2D8723D-27BB-4C86-82A7-9F26580DB13C}


宮崎先生は映画を通してこの国を伝えたかったんだと思う。

クベールスピアン
ここはまだまだ沢山の地雷が埋まってる
{D9F3197B-3D40-4A0C-B004-71B1DBB8F520}


 
{655C1386-0F1B-4578-A983-085B4136FABE}


トンレサップ湖
水上で生活している方
{B76CEDB8-E27C-4917-A862-FAF2D8533EC2}


 子供達
{D1166F9D-A45B-447B-AEC8-2F085D7DCA07}


 
{9EC9A7FA-8239-4ADC-8976-CF6EB5749916}



まだまだ残る沢山の地雷問題や
貧困や人身売買の問題。


娘が中学生くらいになってきちんと理解が出来るようになったら一緒に訪れようと思います☆


過去記事読んでくれてありがとうございます☆
 

 

 

AD