1.杜の都のデパート・藤崎

2011311日金曜日の、東北デパート報告。茨城・水戸京成百貨店、福島・うすい百貨店、中合、宮城・仙台三越、さくら野百貨店仙台店を巡りましが、今回は宮城県仙台市「藤崎」です。思えば私が、故郷宮崎にて「藤崎」という、気さくに呼びやすい素敵な名前に魅かれ、仙台を旅したのは高校3年生の時。それからは何度か訪れ、従業員の方とも知り合いになりました。杜の都仙台の地に誕生して192年目に訪れた大災害。果たして、藤崎はどのようにあの日を迎えたのでしょうか?お話をお伺いしたのは、営業企画部・三浦晃さん、千葉拓さん、小笠原順子さんです。ちなみに、取材メモで使用した愛用のペンは、藤崎オリジナル・青葉通で地下鉄工事の為に伐採された欅で作られたボールペンです。

2.希望へ 復興へ

午後246分。仙台市青葉区は震度6弱でした。当時店内にいたのは3000人ほど。年2回の避難訓練を受けていた従業員は、本番を迎えたかのようにお客さんの避難誘導に勤しみました。揺れで腰を抜かしたお客さんは背負って避難させました。怖がるお客さんには2人がかりで上にかぶさり、励ましながら守りました。ある従業員は、「私たちはしっかり訓練を受けていますのでご安心ください!」と言葉をかけながら、お客さんを避難させました。

藤崎がある一番町一体は停電。青葉通りの信号機が止まり、交通が混乱しました。

従業員は外で雪が降る中、コートも着ずに制服姿で、車がスムーズに動くよう交通整理をしました。店内は、商品、什器や設備など被害を受けましたが、店内にいたお客さんには大きな被害はありませんでした。帰れないお客さん、従業員は近くの避難所で一夜を過ごしました。

 15日、16日には玄関で、食料品や衣料品をワゴンで販売。午前11時から午後2時までという数時間の販売でしたが、通信手段が遮断されている中、口コミでお客さんが殺到したそうです。19日には本館1階・地下1階、大町館1階で営業再開。700人が列を成したそうです。よく売れたのは、ごはんやおにぎりでなく「焼きたてパン」だったのは意外でした。避難されている人は、避難所などでおにぎりは食べていたそうで、あつあつの焼きたてパンが恋しかったのではないかと三浦さんは仰います。

 

この日、藤崎三郎助社長は、午前9時45分の店内放送でこう語りました。

「本日が藤崎の再生の記念すべきスタートの日です。全従業員の皆様、これからも

様々な苦労や困難が待ち受けているかもしれません。私たちはこの苦労や困難を

乗り越え、藤崎が再生できる日まで、共に頑張ってまいりましょう。皆様のご協力を、是非ともよろしくお願いします。」

大事なお客さんを失くされた仙台のデパート。従業員さんも家族など失った方がいらっしゃいます。全員が辛い経験。藤崎が未来の為に掲げたスローガンは「希望へ復興へ」です。

3.藤崎気仙沼店へ

藤崎には宮城県内に店舗を構えています。取材の翌日には、藤崎気仙沼店へ伺いました。取材にご対応してくださったのは、気仙沼店長の堂靖剛さんです。気仙沼店の立つ場所も津波が1m80cmありました。従業員は無事でした。堂さんは3月に気仙沼店に配属されたばかり。その直後に前代未聞の災害に見舞われたのです。瓦礫と泥まみれになった気仙沼の町。道路の真ん中に家がある。陸に船が4隻ある。言葉にならない風景を見て、堂さんは「再開は出来ない」と思ったのだそうです。

 しかし、地元から「藤崎さんにはお店を開いてほしい!」「いつ再開するんですか?」と、営業再開を望む声があり、再開への道を目指しました。津波で崩壊した什器や壁などは修復できるものの、一番頭を悩ませたのは、猛烈な匂いです。こればかりは町に充満しているので、その為に、3か月開店を待ったそうです。

 6月10日、オープンの日は大盛況でした。身の回りの商品だけではなく、お見舞いのもの、お供えするものが売れました。堂さんは「おそらく、避難所生活などを得て、買い物できないというストレスがあったのではないか?」と言います。確かに「デパートで買い物をする」という行動ほど日常に還れるものはないはずです。「撤退しなくてよかった!」と心から思ったそうです。この日ほど、堂さんはデパートは素晴らしいものだ。デパートの神通力は凄い事を改めてかみしめたそうです。

 堂さんは最後にこう言いました。「気仙沼店は地域の人を大事にするお店なんです。商品を売る事はもちろんですが、地域に貢献できるボランティアを第一に考えて歩いていきます」と。この場を借りて…堂さん、また気仙沼行きますね。その日までお元気で。

4.好きさ、この街が…

仙台市内は今、活気に満ち溢れています。取材に訪れた6月末日も、お中元売場は大盛況でした。震災で亡くされた方へのお見舞いが多いそうです。店内のエスカレーターでは、宮城県民ならCMで皆知っているという、藤崎のテーマソング「好きさ、この街が…」(唄・ビリーバンバン)がエンドレスで流れています。歌詞をご紹介します。

「好きさ、この街が…」 詞 葉山真理  曲 菅原 進

好きさ、この街が… 風が季節運び 夢は心誘う 人は行き交い 街は輝きだす

足どり軽やかに 口笛流れ出す 何かいいこと ありそうな予感が今するね

好きさこの街がいつでも 好きさこの街がいつまでも 好きさこの街がいつでも 好きさこの街がいつまでも

いつもどこかで笑いがこぼれてる 雨が虹をつくり 恋は愛に変わる 人が集まり、街は宝石箱みたい

東北、茨城のデパートを取材してきて思うことは、みんな故郷がいつまでも大好きで、故郷と共にこの苦難を受け入れて生きていく思いでした。福島の中合、うすいも、放射能で苦労しているけど、改善に向けて福島と共に生きていく姿勢を垣間見たのです。

デパートはその故郷の皆さんを支える家族のような存在です。

仙台の恒例の祭りといえば、七夕だけではありません。市民総出で踊る「仙台すずめ踊り」です。藤崎の従業員も参加します。今年は、復興の思いを込めて、踊る前に、テーマソング「好きさ、この街が…」を皆で歌いました。沿道の皆さんからは拍手が起こったそうです。

最後に、小笠原さんがお客さんからの1通のメールを見せていただきました。

藤崎の従業員を励ましたメールだそうです。掲載させていただきます。

こんにちは、初めてメールいたします。名取市に住むY(48)と申します。

震災以来、どうも歳のせいもありますが、涙もろくなりまして、特に誰かの笑顔には

めちゃくちゃ弱くなってきております。

昨日のすずめ踊り…色々なチームさん達が汗かきながら、でも思いっきりの笑顔で幸せそうに

踊っていて、その姿とか笛太鼓の拍子が、もう僕自身の中で弾けそうになり、唇をかみしめ

涙をこらえて見ていました。

藤崎さんのチームの踊りがはじまりました。

「好きさこのまちがいつでも・・・好きさこのまちがいつまでも」

何か聞き覚えのあるフレーズ…?

震災時には「上を向いて歩こう」とか色々な曲が応援ミュージックとして流れてましたよね。

だから、あ…誰の曲だったっけ?と、次の瞬間に思い出して体中が熱く熱く…。

涙があふれ出して止まりませんでした。

「好きさこのまちがいつでも・・・好きさこのまちがいつまでも」

東北に来てから29年、ずっと聞きなれてたこの曲…。今更ながらに、とても優しく素敵な

フレーズですね。このフレーズがすずめ踊りとともに自分の中に、すぅ~っと、まるでスローモーションを見ているようにしみ込んできました。

素敵なすずめ踊りを見せていただいてありがとうございます。

このあともずっと仙台の顔・藤崎さん。頑張ってくださいね。応援してます。

デパートの力は永遠です。茨城、東北のデパートの皆様、取材にご協力いただき本当に

ありがとうございました。次回は取材ではなく、いちデパートファンとして伺いますね。