2019年7月8日 左目斜視術(左目下直筋)を受けました
2020年頃が目処と聞いていましたが斜視の進行具合を診てのタイミングだったようです。変化の無い眼科通いも辛いので、早めに出来たのは良かった



斜視による最大の辛い症状
複視 (モノが二重に見える)
↓↓↓  まさにこんな感じ。
わたしは上下のズレと、回旋斜視もあり
この車の画像だと、上の車の頭 右が下がる傾きが見えます。

今回の手術は、この回旋を治す術
2ヵ月弱の検査、診察でわかったのが
数値に対して変化が無いチュー 
自覚的には、6.7割平行に近づいたように思うのですが… え?! そうなの?!

上下は全く変わらず ってことは薄っすら気づいてましたが

医師には最初から 「一度にぴたっとは合わない、2、3度繰り返し手術することもある」と聞いていました。
時間もお金もかかるのなーもやもや とは言え、10年以上かけてジワジワ悪化し、病院巡りも たらい回し感も 医師不信も繰り返し、やっと日本語がまともにやりとり出来る医師と巡り合いました。
この人の元でジックリ取り組もうと決めましたピンク音符

医師への苦情は果てしなくあるが、彼女(伝わる医師)に会う為にみんなヴィラン(悪役)だったんだわ 笑

さて
次の手術で回旋を更に平行に見えるように治します。一度触った筋 (左下直筋切って縫い合わせた)は二度は触れず、次は左上の筋を切って引っ張るそうです。 上手く行けばもう少し像が平行に、更に上手くいくと上下も少し近寄るかもしれないと照れ

基本、上下はプリズムメガネで調整する

しかし、今の回旋があると上下調整しても像が重ならず気持ちが悪い
回旋はあきらめてプリズムメガネで調整する選択肢もあるそうですが、検査を色々受け 像が重ならない気持ち悪さを体感しているので 水平に近づく可能性があるのなら手術します!

上下の変化が余りに無いなら、3回目の手術は反対側の目を触ります。
眼球周りの筋肉君 頑張ってくれ目目目

さて、手術後の腫れは このくらいでした

その後14日くらいの経過
眼帯とメガネで過ごしてました。
眼帯で運転すると、歩行者が気を遣って下さいます。
「この人!見えてない!」ってね  笑

1ヵ月後にはハードコンタクト復活
遠目には普通
不自由さは見た目には全く無い
運転は片目つぶってしてしまう、怖いしシンドイ

まだまだ続く 目の不具合ですが
先には明るい世界が見えていますシャンパン

周りの方々に甘えながら、ボチボチやっていきたいと思います。 
以上、斜視術経過 今後の見通しについてでした目