「判っているつもり」が、回復の邪魔をしている。〈1〉 | うつからの卒業  みなと

うつからの卒業  みなと

一日も早い うつからの卒業を目指しましょう


テーマ:


 

 

今回は、

 

『「判っているつもり」が、回復を邪魔をしている』

 

をお伝えします。

 

 

 

うつからの卒業に、時として、『判っているつもり』が、

回復の脚を引っ張っている場合があります。

 

 

「判っているつもり」が、

せっかくある他の効果ある回復方法を取り入れる事を

邪魔したり、中には拒否させていることがあります。

 

 

その自信が

正しいか、それとも考え直した方がいいか、

もう一度考えてみて下さい。

 

 

もしご家族、ご本人が

うつの治し方を本当に知って理解し、

実行していたのなら、

 

もう既に回復なさって、

仕事、学校にも復帰して

毎日を楽しく

過ごすせているのではないでしょうか。

 

 

もし

長期間掛かっても、

まだ改善、回復できないのであれば、

 

その「判っているつもり」は、

間違っていると考えられます。

 

 

現在、ネット、メディア、本などの情報は、

私達の周りに余りある程に沢山ありますが、

残念ながら沢山ある情報の全てが、

正しいとは言えないのです。

 

 

私自身もかつて担当医の言う事を、

100%信頼していました。

 

医師に言われた事さえしていれば、

必ず元気になると信じていました。

 

 

当時の担当医からは、

 

「きちんと言われた通りにやっていれば治ります。

ただすぐに回復するのは難しい。」

 

 

そう言われたのを覚えています。

 

 

現在、

多くのなかなか回復できない方の話を伺うと、

うつの回復は、マニュアル通りでは、

回復どころか、改善すら難しい。

 

それが実によく分かります。

 

 

うつからの回復する方法は、

たった一つではなく、

うつの患者さんが100人いれば、

 

100通りの回復方法があると言う事です。

 

 

改善の為の方法は、

その人その人によって全く異なります。

 

 

例えば、

 

● 不眠の解消。

 

● 食事の偏よりを改める。

 

● 運動不足の解消。

 

● 動き過ぎを改める。

 

● 話をじっくり聴いてくれる人を見つける。

 

● 楽しいことを見つける。

 

● やりたいことを見つける。

 

● 自信をつける。

 

など......

 

 

 

私の場合は、

うつから回復できたのは、

幸いなことに自然療法の専門家から、

その当時私が行っていた回復方法を

見直すきっかけを得られたからでした。

 

 

もし

その専門家に出逢っていなければ、

 

今もまだうつの回復どころか、

改善すらできていなかった

こともあり得る、

 

そう思うと、怖くなります。

 

 

続きは次回へ、

 

 

 

今月も

 

10月 14日(日)

10月 28日(日)

 

オンラインセミナーを開催します。

 

 

「本気でうつを治したい!」

 

「絶対に健康になりたい!」

 

「今の状況から抜け出したい!」

 

そう思っている皆さんを

私たちは全身全霊で、

サポートをさせていただいています。

 

 

セミナーの詳細、お申し込みは、

→ こちら をぜひご覧ください。

 

 

メルマガの登録は、

⇒  こちら からお願いします。

 

砂田康雄さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス