前回の続きになりますが

 

 

出会い系サイトや婚活サイトで仲良くなって、初デートの約束をしました。

 

 

自分がよく行く店でランチをし、ドライブコースもいつものところ。

 

 

全て自分のホームでことを運び、最後はホテルに連れて行き、二人は結ばれる。

 

 

そのような計画を立て、当日は体調を整えて頑張るしかない。

 

 

 

では、当日を見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

女性に理由を与えてあげることは有効か?

 

 

エッチするのが目的でない女性を、ホテルなどに誘うのって難易度が高いと思いませんか?

 

 

そんなときポイントになるのが

 

 

「女性に理由を与えてあげること」です。

 

 

 

女性は貞操観念から、誘われても、性行為をまずは断る傾向にありますが、理由を与えてあげることで受け入れてくれやすくなります。

 

 

 

例えば、ホテルに誘うときの定番ですが

 

「終電がなくなったから」

 

 

 

自宅に誘うときの

 

「可愛いペットを見たかったから」など

 

 

 

女性と自分との距離に合わせた理由付けをしてあげることで、上手く行くこともあります。

 

 

 

 

 

恋人にするためのポイント

 

恋人にするためには、女性に

 

  • 「また抱かれたい」
  • 「付き合いたい」
  • 「一緒にいたい」

 

と思わせることが必要になります。

 

 

それには、多くの経験値を積むことが必要ですが、意識するだけで女性に慣れていなくても相手の満足度を高めることができます。

 

 

 

 

ちょっと、まじめにエッチについて考えてみたいと思います。

 

 

最初のエッチが肝心

 

一般的に

 

「女性はエッチした男性を好きになる」

 

と言われていますが、これは間違いありません。

 

 

そのため、彼女にしたいと思う女性と一晩過ごすことは非常に効果的です。

 

 

しかし、恋人という選択肢を女性が考える際、「エッチをした」という事実だけではなく

 

「身体の相性」や「男性のエッチのレベル」も非常に大切な要素になってきます。

 

 

 

そこで、本命の彼女候補との最初のエッチは、通常よりも気合いを入れて取り組まなくてはなりません。

 

 

特に最初のエッチで、「勃たない」「中折れしてしまった」となってしまったら二度とその女性とはエッチできない可能性もあります。

 

 

 

ED(勃起不全)には、心の問題(心因性)と身体の問題(器質性)に分けることができますが

 

悩んでいる方のほとんどが心因性になります。

 

 

 

 

男性の「あそこ」は本当にデリケートです。

 

おそらく女性は理解できないでしょうが…

 

 

このへんの対策なども、男性はしっかりと考えておかなくてはだめなのです。

 

 

 

 

 

初回はもちろん、相手を満足させることだけに集中する

 

少なくとも最初の交わりでは、自分が満足することを一切考えないようにしましょう。

 

女性の反応などをチェックしながら、徹底的に満足させることだけを考えましょう。

 

 

その女性との行為を数回こなし、慣れて、自然に満足させられるようになるときまで、自分の満足は考えないほうが良いです。

 

奉仕の精神に徹することです。

 

 

 

 

終わった後の後戯もしっかりとする

 

男性はコトが終わると、目の前の女性に対してどうでも良いという感情を持ってしまいがちです。

 

 

特に愛情があまりなく、肉体だけの快感を求めている場合は、態度に表れてしまうものです。

 

 

その一方、女性は終わった後ほったらかしにされると、満たされない気分になります。

 

 

せっかく行為そのものを頑張っても、後戯をおろそかにすると女性の満足度は下がります。

 

 

そこで、無理をしてでもアフターケアを行いましょう。

 

 

 

 

 

 

AD