前回の続きになります。

 

 

出会い系サイトやネット上で仲良くなり初デート

 

とにかく初デートでの印象を良くしなければなりません。

 

 

女性に「話しやすい男で楽しかった」と思ってもらうには

 

7:3位の割合か8:2位の割合で

 

女性に気持ち良くしゃべってもらうことを心がけたほうが上手くいくことが多いです。

 

 

 

聞き上手になるポイント

 

聞き上手とは、相手の話をただ聞いていることではありません。

 

相手の話を引き出し、受け入れ、共感することが大切です。

 

 

 

聞き上手になるためのポイントは

 

•            相手の左目を見つめる

 

•            いろいろな種類の相槌を使う

 

•            さりげないミラーリング

 

•            共感してあげる

 

•            オウム返しを徹底する

 

•            求められてもアドバイスはしない

 

 

 

など大切なことがありますが

 

相手の左目を見つめる、に関しましては前回説明しましたので

 

その他のことについて具体的に書いてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろな種類の相槌を使う

 

「そうだね」や「うんうん」としか言わなかったら

 

女性は

 

この人本当に聞いているのだろうか?と感じてしまいます。

 

 

 

そこで、『さ し す せ そ 相槌』というのがあり効果的です。

 

 

さ          さすが、さすがだな、最高じゃん

 

 

し          シデーな(ヒデーな)、知らなかった(受けるんだけど)

 

 

す          すごい、スゲーな

 

 

せ          性格現れてるな、センスいいね、センスいいじゃん

 

 

そ          そうか、そうなんだ、そりゃそうだ、それはひどい、その話面白いね(もっと聞かせてよ)

 

 

 

番外編

 

マジで、マジスゲーじゃん

 

ホントか

 

ヒデーな

 

腹筋イテー(明日腹筋痛だ)

 

 

 

 

これらを中心に、自分なりにレパートリーを増やしていけば、相槌のバリエーションは増やせます。

 

 

 

 

 

 さりげないミラーリング

 

  • 相手がドリンクを飲もうとしたら、自分もドリンクを飲む。
  • 相手が足を組めば、自分も足を組む。
  • 相手が椅子に深く座り直したら、自分も座り直す。
  • 相手が資料をめくったら、自分も資料をめくる。

 

 

ミラーリングは心理学で使われる言葉で、同調効果と言われています。

 

 

尊敬している方や、親密な関係では相手と同じ動作を無意識にすることが多く

 

好意を抱いている相手と同じ動作をしてしまうこともミラーリングになります。

 

 

逆に人間関係のテクニックとして相手に好感をもってもらうために、意識的にミラーリングを使用することもあります。

 

ただし、あくまで無意識のうちに認識するのがミラーリングです。

 

 

あまりにも露骨にまねすると、意識的にまねをしていることが相手にわかってしまい、反感を買うこともありますのでさりげなく行うよう注意してください。

 

 

 

 

 

 

共感してあげる

 

男性は白黒はっきりさせないと気がすまない傾向があり、とにかく結論を出したがるのに対して

 

女性は結論を出すことには執着しません。

 

 

 

男が女性に相談された場合

 

「その件に関しては、こうするのが最も上手くいくよ」

 

と、結論を出すことを最優先しますが

 

 

 

女性の本音としては

 

結論を出してもらうことよりも

 

「自分の話を真剣に聞いてほしい」

 

そして共感してもらうことに喜びを感じます。

 

 

 

だから男性は女性の話を聞いて結論を言うのではなく

 

「そうなんだ、それは大変だよね」と話を真剣に聞き

 

 

 

「おまえ(○○子)はどうするのがベストだと思う?」

 

と女性の意見を聞き返し、女性の意見を聞いてから

 

 

「そうだよね、オレもそう思う。おまえなら絶対できるさ、大丈夫だよ」

 

という感じで共感してあげるのがベストです。

 

 

 

 

オウム返しを徹底する

 

オウム返しとは、会話の中で相手の言葉を繰り返すテクニックで

 

簡単な割に効果的で、これができれば、女性からも聞き上手だと思われます。

 

 

 

彼女「最近母の体調悪いし、仕事も忙しくって、とても大変なんだよね」

 

 

オレ「そっか、それはマジで大変だね」

 

 

女「寝不足気味で、仕事がはかどらず、残業しないとだめな日々なの」

 

 

オレ「そうだよな、体調悪いと仕事の効率悪くなるよな。残業もキツイよな」

 

 

女「そうなの!わかってもらえて良かった、少し気が楽になったわ」

 

 

女性の話に共感して、オウム返ししてあげるだけで、女性がどんどん話してくれるようになります。

 

 

女性は気持ち良く話すことによりストレス発散にもなり

 

一緒にいると楽しいし、癒され、聞き上手な男と思ってもらえます。

 

 

 

 

 

求められてもアドバイスはしない

 

 

男性が結論を求めたがるのに対して、女性は共感を求めます。

 

そのため女性の話に対しては、アドバイスをするのではなく、ひたすら共感するようにしましょう。

 

 

「意見はどうなの?」

 

 

と、相談をされた場合でも

 

 

 

逆に

 

 

「おまえ(○○子)はどう思う?」

 

 

 

と切り返し

 

 

 

「私は~~~だと思うけど・・・」

 

 

 

と言われたならば

 

 

 

「うん、オレもそれが正解だと思うよ」

 

 

 

このような感じが、心地よいのです。

 

 

 

その他

 

自慢話は絶対にしない

 

 

男というものは、優秀であることをアピールしたいがあまり、ついつい自慢話をしてしまう傾向があります。

 

 

しかし、女性の前で自慢話は絶対にしないほうが良いです。

 

 

人間にとって他人の自慢話ほどつまらないものはないからです。

 

口では「すごいね!」と、笑って反応してくれても

 

心の中では

 

「何だよこいつ」

 

「面倒くせー男」

 

と確実に思われています。

 

 

恋人の立場であれ、普通の女性の知人に対しても

 

よほどすごいことであっても、自慢は口にすべきではないのです。

 

むしろ自分の価値を下げる結果になってしまいます。

 

AD