からだ遊び

テーマ:

今からかれこれ、もう十年以上も前に

 

からだに異変が起き始めて

 

それから一年ぐらいしてから五十肩になって

 

それがどうしたことか八年も続いて

 

いろんな意味でからだに向き合わざるを得ない状態になりました。

 

小学校の低学年ころは男子としか遊んだことがないぐらいのおてんばさんで

 

体育の成績は 3 しかもらわなかったけれど

 

ドッジボールでも鉄棒でも・・・マット運動、跳び箱・・・水泳・・

 

走ること以外はなんでもかんでもがむしゃらにやることで

 

なんとか人並み以上にこなしていたし

 

中学のときは当時授業に取り入れられていた地上回転ができた

 

クラスの数人のうちのひとりに入っていました。

 

ところがその後すぐに膝関節を捻挫して

 

それ以後膝関節捻挫を右ひざ、左ひざと何度も繰り返し

 

どんどん用心する生活に入っていきました。

 

季節の変わり目には膝に水がたまるのでさらに用心。

 

三十代でマイコプラズマ肺炎をこじらせ咳が十年続いて、

 

空気が変わるたびに咳き込むのでマスクがはなせなくなったり。

 

不妊を乗りこえて妊娠したときにはひたすら安静にしているように指導されたり。

 

もう、ただただじっとしていることが健康の秘訣というか

 

守りの姿勢が身についてしまっていたのでしょうね。

 

年をとるつつ、からだを動かすことがどんどん減っていきました。

 

あげくのはての五十肩が致命的(笑)。

 

肩だけじゃなく体中がフリーズしてしまったようです。

 

五十肩で動かせなかった肩は可動域が極端に小さくなっていて

 

周辺の筋肉もまだこわばりが残っています。

 

ここまで来ないと白旗をあげない私?!

 

五十肩がきっかけであっちをめぐり、こっちをめぐり

 

いろんな代替療法を知り・・・

 

からだのおかげでずいぶん遍歴させてもらいました。

 

そしてやっとこさ、からだのことを大事にしようと思えるようになって

 

からだの神秘を神秘と思えるようになって・・。

 

ありがたいな

 

大切にしなければ

 

(ただし、じっとしてるのは決して大切にしているのではないです)

 

からだの声にやっと耳を傾けようという気持ちになってきました。

 

からださん、まだまだこれから長いおつきあい

 

よろしくお願いします

 

 

ところで「地上回転」で検索して出てきたこのブログおもしろそうです。

https://plaza.rakuten.co.jp/yuuyuusya/diary/201007230000/

(1年ぐらい前からストップしているみたいですが・・)

 

子どもの頃の遊びってそういえば「からだ遊び」だった

 

これから、子どもでもないけど「からだ遊び」していきたいな。

 

 

 

 

 

AD