放課後エクスペンダブルズByデッドプー太郎

映画界の最底辺ブロガー。

ハリウッドのアホほど金かかってるけどさっぱりストーリーのない超大作が大好き。

「往年の日曜洋画劇場」のおもしろさをブログで再現!!
を目指しているけど映画ブログの中でも屈指の偏差値の低さを記録中。

淀川長治さん、ごめんなさい。


テーマ:

放課後エクスペンダブルズ記念すべき最初のレビューはこれ!!

ロボコップ2


ロボコップ 2 [DVD]/20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン
¥1,000
Amazon.co.jp



何故1回目に本作をピックアップしたかというと、私が生まれて初めて劇場で見た映画だからです。

5歳の時、幼稚園の終わりに親父に迎えに来てもらい三宮へ向かったドキドキ感、ポップコーンの匂いと 大画面、自我の芽生えと共に


ロボコップはメカ、銃撃戦=かっこいい!!という定義を教えてくれました。

ただ、案の定、翌日幼稚園に行って私がどれだけ熱く語ったりロボコップの動きをマネしても共感してくれる
友達は皆無でした。結局当時はやりのSDガンダムの話とかしてたんですが、今思えばあの日初めて空気を読むと いうことを学びました。


大人になった今観返すとよー見たなって思えるほどグロいですね。


<見所はここ!!>

①大破するロボコップ
前作でシュワちゃんかチャックノリス並に圧倒的な強さを誇ったロボコップですが、敵の罠にはまり スクラップにされます。主人公がここまで破壊されるのは本作かガンダム0083のGP-01くらいでしょう。

②ロボコップ2
本作の敵機です、一応ロボコップの次世代機という設定なのですが、麻薬中毒の犯罪者の脳が移植され動力は麻薬でこのルックスというデトロイト市警の品格を疑う素晴らしいゲスさです。今観返してもかっこいいデザインですね。

③ミニチュアの限界
今じゃCGが当たり前ですが、本作の終盤ではミニチュアの限界ともいうべきド派手なアクションシーンが繰り広げられます。なんというか味があっていいんですよねー。


ちなみに前作に比べて若干青みがかったいろのロボコップですが、前作の撮影で重さとあまりの暑さであせもに苦しんだピーターウェラーのために新規で作ったかららしいです。


それとこの映画を見たら9割の人間が思う「オート9」が欲しいですが、大学の後輩のT君がガスガンを持っていて見せてもらったんですが決してふとももに入れれるようなサイズじゃないです。おまけに竹内君のオート9は故障してて弾がきちんと出ず、サバゲーでは完全に的と化していました。



最後に初めて観た映画がロボコップ2という女性がいましたら連絡ください。


合コンしましょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

デッドプー太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。