アナと雪の女王2 12/1映画の日② | 風化水脈

風化水脈

音楽・車・猫・映画。主に回顧録

 

 

ターミネーターニューフェイト鑑賞後、わずか30分程の間をおき、アナ雪2へ。

しかも4DX(初) いや、すんごいのね4DX。 確かにアトラクションですコレ。

 

 

 

 

公開間もないし、4DXだし、映画の日で料金下がるし、この三つのタイミングを狙ったかのように

完全満席! しかも子供連れがめちゃくちゃ多い!

映画が始まる前はそこらじゅうから子供達のやんややんやの声が聞こえる。 

ちびっ子達が楽しみにしてるのがビンビン伝わってきてなんとも微笑ましい気分になる。

 

 

本編上映中は流石に皆静かに観てるが、それでも自分の席に近い子供の声は聞こえてくる時もある。

子供なりに気を使ってヒソヒソ話のトーンなんだが、

それでも 『ママー、オラフが○○で○○だよー』 とか聞こえてくる。

 

 

因みに俺は、そうゆう上映中に聞こえてくる子供の声はまったく気にしないのだ。

むしろ、映画を観ながらも (そうか隣の子には、オラフが○○で○○なのか) 可愛い奴め!

とか思えるぐらい心が広いのだ。 自分で言うなとか思われるがそうなのだ。全然平気だし、許せる。

オッサンの咳払いの方がよっぽどイラっとくる。 対オッサンには心は狭いのだ。

 

 

で、感想なんだけど・・・・ (ネタバレはしません)

 

 

まず子供時代のアナとエルサの可愛さったらもう・・・・・悶絶のたうち回りレベル。

前作もそうだが、今作も、あまりの可愛さに気絶しそうです。 特にアナが。

エルサは子供時からお姉さん的な振る舞いがあります。

 

 

この子供の時に、両親から聞かせてもらった話が、今作のキーになります。

 

前作で両親はすでに死んでしまってるんだけど、今作でその死についての謎や

両親の過去の出来事が徐々に解明されていきます。

 

話の内容は勿論違えど、 基本の流れは前作と似てるような感じがしないでもない。

今作も暴走するエルサを助けるアナとゆう図式が当てはまるとは思う。

陰と陽 光と闇 アナとエルサってどこかそんな感じがする。

 

とにかくアナのお姉さん想いがもう凄くて凄くて、本当に心打たれる。 

いつでも全力で、飾らなくて、天真爛漫。 こんな良い子いる?? いや、絶対おらんやろ。

 

エルサも妹を想う心は勿論あるんだが、前作で幼少期にアナを誤って傷付けた事を

未だに心のどこかで引きずってる部分がある。(と、思う)

なので、アナを危険な目には合わせたくないとゆう気持ちが先走り、空回りする事も・・・・

 

ネタバレ防止の為、あまり多くは書けないが、

今作も、基本は冒険活劇で、最初から最後まで、バッチリ楽しめた。 笑って、泣いて、もう満足です。

前作が姉妹愛で、今作は姉妹愛と家族愛。 確かに二つで一つの作品って感じですかね。

 

松たか子の歌唱力もすごいです。 パワーメタルいけます。(やる訳が無いが)

 

オラフもまったく違和感無し! 声優って本当に凄いなと。

 

購入したパンフに載ってたグッズの中に、一個275円のソフビが!!!

ちょっと欲しいかも。

 

 

対象年齢3歳以上だと???  ギリギリでクリアしてるぜ。 

 

 

 

 

てな訳で次は字幕で観ようかなと思っております。