首都高速と阪神高速の都市高速については、無料化の対象外となっているが、新たに上限料金を設定した対距離料金制に変わる。NEXCO系よりスタートは遅れる。

関連画像:国交省 馬淵澄夫副大臣

首都高速と阪神高速の料金は、
普通車=500円 - 900円
大型車=1000円 - 800円

新しい対距離料金制下では、現行の料金圏が廃止され、首都高速、阪神高速のエリア内であれば、どこまで走っても上限料金ですむ。

現行では料金圏をまたぐと、料金が加算されていた。例えば、普通車や二輪車で新宿(東京圏)からみなとみらい(神奈川圏)まで首都高速を利用すると、東京圏(700円)と神奈川圏(600円)をまたぐので、1300円必要になるが、新料金制の下では900円になる。

ただ、対距離料金制では、休日3割引など曜日や時間を限定した割引は廃止する。

そのため休日の料金圏をまたぐ通行や距離によっては、現行より値上げとなる場合がある。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
【高速道路新料金割引】現金とETCの割引区別なし
【高速道路新料金割引】上限料金、NEXCO系は軽1000円から大特1万円
高速道路無料化、公共交通に打撃は早計---馬淵副大臣

小学生2割、中学は5割弱=携帯所有、減る傾向-内閣府調査(時事通信)
父親殺害容疑で37歳男逮捕 青森県警(産経新聞)
<ODA有識者会議>座長が役員の法人、外務省から事業受注(毎日新聞)
松山市長、首長新党に「個人的エール贈る」 参院選も出馬せず(産経新聞)
普天間失敗なら内閣総辞職=渡部氏(時事通信)