【英語】ロストワールド【多読】 | おっさんのひみつ ~グンマーの英語学習~

おっさんのひみつ ~グンマーの英語学習~

33歳から英語学習を開始したおっさんのひみつに迫る、英語上達完全マップによる学習の記録です。
グンマー、群馬サファリパーク、ニチアサキッズタイムとなんでもあり。
あーことぽっくんに捧ぐ。

マイケルクライトンがスゴい、と思ったがそうでもなかったぜ!?
416ページ、113,670語。

 

●LOST WORLD

The Lost World: A Novel (Jurassic Park)

評価:★★

 

ジュラシックパーク観たことないけど、名作の続編だからハズレはないだろうと。
まあ面白いんだけど、マイクロワールドに続けて読んだせいもあって悪い点が目立つ。

 

1.物語のテンポとかネタの仕込みがマイクロワールドと大差ない
  →アメリカンエンタテインメントのお約束みたいなもんだけど。
   ピンチのインフレ一辺倒ではつまらん。ラブシーンすらない。
2.登場人物が多いけど掘り下げが浅すぎて、割とどうでも良い
  →序盤で主要キャラかのように描かれた子供二人は目立った活躍も成長もしない。
   主要人物以外は喰われて死ぬだけの捨てキャラ。
3.トンデモ科学に関する説明は一切なし
  →別に嘘でもいいから、恐竜を再生できた技術について解説がほしい。
   さんざ絶滅理由について議論させてるけど、そこじゃねえだろ。

 

以上、マイクロワールドと共通の欠点でした。
パニックムービーのノベライズに多くを求めるのは酷なのか。
科学技術に対する警鐘的なテーマくらいはあるけど。

 

主要キャラがいちいち魅力に乏しいのも大問題。
実質主人公と思われた男が怪我で離脱してモルヒネでラリってるとかなんの冗談かと。
倫理観とかいろいろおかしいヒロインがパワーゴリラ系で、ひたすら話を回す。
なんか悪口ばっかになっちゃったけど、まあ恐竜の生態や攻防は面白いよ。

 

萌え大賞は作中唯一の良心、頼れる大人であるソーン博士。
謎技術、ソーラーパネルで長時間動作するクルマや電気バイクを開発。
バッテリーカーとか、大した技術革新がないから当時と稼働時間大差ないんだろうな。