ハラディンカいかがですか? | db-company

db-company

松戸・柏・市川でshotbar/bar&dinnerを展開するdb-companyのスタッフブログです。
お店の情報やスタッフの日常などを公開していきます。

こんばんは。

松戸KissdB店主黒滝です。

 

早いものです...

もう6月も半ば。

夏はもうそこまで来ています。

 

そう夏。

そりゃビールでしょ!!

 

てなわけで、KissdBでは新しいビールと機材の導入をいたしました。

“ピルスナーウルケル”

D0A28D71-.jpg

ご存知の方も多いかとは思いますが、本日はこのビールのご紹介を!!

 

1842年に誕生し、チェコのピルゼンで醸造されるこのビールは

チェコを代表するピルスナーで、ピルスナーの元祖と言われています。

 

素材、伝統的な手法で作られるこのビール。

麦芽感、程よいホップの香りと苦味のバランスは

日本人にもとても受け入れやすいビールだと思います。

 

しかし!!

 

このビールの魅了は注ぎ方!!!!

 

ピルスナーウルケルを飲む際に知っていて損がない3つのワードがあります。

 

1.ナドバクラット

2.ハラディンカ

3.ミルコ

 

さて。

この3つの言葉は何を指すとおもいますか?

知ってるよ!!

というそこのあなたは中々のピルスナー通です!!

 

この3つの共通点はズバリ

注ぎ方

なんです!!

ピルスナーウルケルをサービングする際には

3つの注ぎ方があるんですね〜。

チェコではタップスターという資格があり

日本人ではまだ1名しかいないという厳しさ!!

 

3つのスタイルの注ぎ方で提供されるこのビール。

3種とも同じビールなのにその味わいは驚くほどに変わります。

 

そんな中大切なのがタップのハンドルでございます。

まずは一般的なもの。

IMG_1074.jpg

前後に動かすこのタイプ。

お馴染みですよね!!

手前に倒すと液体。

奥に倒すと泡が出ます。

液体の通る内部のは2つありまして

誰でも簡単にクリーミーな泡を作り出す事ができます。

 

続いてウルケル用のハンドル

IMG_1073.jpg

横向きのハンドルとノズルの長さが目印!!

ビールの出口は1つですが

ハンドル捌きで泡と液体を出し分けます。

このハンドルこそピルスナーウルケルを最高にサービングするための

大切な要素の1つであります。

 

上記にも書きました注ぎ方。

その3つのあじの違いをかるーく説明します!!

 

1.ナドバクラット

グラスに液体のみを入れてからクリーミーな泡を注ぎます。

世界的にも最もポピュラーな注ぎ方で

キレ、炭酸感を感じることのできるお馴染みの注ぎ方。

 

2.ハラディンカ

先に泡を注ぎ、注ぎ口を泡の中に潜り込ませた状態で液体を入れます。

泡でビールを閉じ込めることで、香りと味わいのバランス

ビール深みが一段と増します。

チェコの一般的なパブでは、この飲み方で提供されるみたいです。

 

3.ミルコ

泡のみでグラスを満たします。

泡のみなので、ホップ特有の香りと苦味がとても重厚!!

日本ではお馴染みではないため

このビール泡多くない!?注ぎ直して!!

なんて言われることも(笑)

 

3手法の注ぎ方で3通りの味わいが楽しめるんですね〜

 

とはいえ

この注ぎ方はとても奥が深い!!

恥ずかしながら私のサービングはまだまだ未熟でございます...

だって難しいんだもん...

 

ちなみに現段階...

IMG_1079.jpg

言い訳は良くないのですが

画像では入れた順番が異なるため

見た目が...

しかし!!

毎日注ぎまくって飲みまくっていますので

その成長過程をビールの味とともに感じてくださいまし♫

 

ぜひピルスナーウルケルをご注文ください!!

乾杯しましょう♫

 

 

最後に1つイベントの宣伝を。

IMG_0924.JPG

串に焦点を当てた食のイベント

クシオトシ

以前からお世話になっている晴晴村の主人ツッキーが揚げる

本場大阪の串カツ。

 

焼き鳥修行を終えた店主黒滝の元山仕込みの焼き鳥。

 

KissdBが1夜限りの居酒屋営業でお届けするクシオトシ!!

 

6/23(日)17:00〜

 

ぜひ遊びにきてくださいね!!

 

KissdB黒滝がお届けしました!!

 

dBグループのホームページ