トライアングルナビ
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2012-08-31 12:48:13

衝撃映像!! 五百円玉大のストレスはげ!!

テーマ:育毛プロジェクト
明司です、

まずは、こちらの衝撃映像をご覧ください
↓↓↓



彼は私の仕事先の後輩です。

私は、彼の事を17歳の頃から知っています。

若い頃の彼は、普段はとてもおとなしいのですが
ひとたびお酒を飲むと、誰彼かまわずケンカを売る
という、完全に別人になっていました。

私も何度もケンカに巻き込まれました。

そして、後輩はかならず近いうちに誰かに殺される
に違いない、とも思っていました。

そんな彼ももう32歳になり、今ではすっかり
昔のような症状も消え、本当にまるくなりました。

そして先ごろ、ようやく彼女と入籍を果たし
結婚する事になったのです。

しかし、それと同時期に彼の頭部に異常が出ました。

まだ病院で診てもらっていないので正確なところは
不明ですが、恐らくストレス性円形脱毛の症状です。

ここまで大きいものを見たのははじめてです。

本人も、そこまで大きなストレスを受けている
実感は全くないようです。

でも、あとひとつハゲが増えたら病院に行くと言っています。

私が思うに、彼は一見まるくなったように感じますが
実は根本的には昔のままなのです。

若い時は、お酒の力を借り、感情を爆発させても
若いからという理由で多少許されていた面が
ありました。

それがだんだん年齢を重ねるにつれ、感情を爆発させる
ことに対し、うまくブレーキを働かせるテクニックを
身に付けていったのです。

仕事面でもチームリーダーを任され、自分の家庭も
持つようになった環境の中で、あたりかまわずキレる
という無責任な行動を取ることは、本来マジメな
彼には許せない事なのでしょう。

そのストレスが、彼の毛髪を直撃したのだと思われます。


そういえば、私も過去、嫁に家を追い出され、ビンビンに
ストレスを感じながら車中野宿生活を送っていた時期が
ありましたが、円形脱毛症までには至りませんでした。

意外と私は図太い性格なのかもしれません。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


明司 龍星



2012-07-19 16:30:19

意味のある脇汗でした

テーマ:ほっと一息
明司です、

先日、私はテレビのニュース番組で、凄まじい量の脇汗をかきながら
ニュースを報道している男性キャスターを目撃しました。

そのキャスターが着用していた服装は、もちろんスーツ姿だったの
ですが、あのスーツの分厚い生地を通りこし、彼の脇から汗じみが
にじみ出ていたのです。

Tシャツ姿で脇汗をかいている人を見かけることはよくあります。

しかし、スーツの上から脇汗をにじませている人を目撃したのは
はじめてです。

それも、公のテレビのニュース番組で。

そのキャスターは、よっぽど緊張していたのでしょう。

私は、こんなシーンをお堅いニュース番組で放送してもいいのか?
と、疑問に思ったくらいです。

しかし、番組がコマーシャルに入った瞬間、その疑問は一瞬にして
解決されました。

大量の脇汗の画面からのコマーシャル。

そのコマーシャルの内容は、なんと汗をしっかりとガードする
デオドラントスプレーの商品の紹介だったのです。

ということは、キャスターの脇汗は、意図的につくられた脇汗!?

とにかく、これがコマーシャルのインパクを上げる演出とすれば
最高の出来栄えでした。


2012-06-30 22:10:52

300文字程度の記事を作成して収入を得る

テーマ:ネットビジネス
明司です、

6月も、もう終わりですね。

早いもので2012年はすでに半分経過したことになります。

私は、今年に入ってから、このアメブロの記事更新を
大幅に減少させてきました。

去年は1日1記事ペースで頑張ってきましたが
今年はひと月1から2記事に止まっています。

ですが、決してサボっていたわけではありません。

逆に記事の作成は、毎日鬼のように行っていました。

それは、私はある会社を通じ、自分が完全オリジナルで作成した
300字前後の記事を、1件につき数百円で買い取ってくれる
という、一種の内職をしていたからです。

記事の内容は、基本的にどんなジャンルでもいいので
普通の日記を書くように、思いついたことをどんどん
記事にしていけばいいだけの話です。

誤字脱字や一定のルールに違反した記事でなければ
確実に買い取ってくれますので、頑張れば頑張っただけ
毎月安定した副収入が得られるワケです。

泥臭いと言えば、非常に泥臭い作業です。

もちろん、作成した記事の2次使用は厳禁です。

だからこのアメブロの記事更新がおろそかになって
しまったのです。

もしこの記事を読んでくれたかたの中で、自分も記事作成の
内職に挑戦してみたいと思った人がいらっしゃいましたら
私のほうまでご一報ください。

今までなかなかインターネットで稼ぐことができなかった人も
これなら確実に稼ぐことが可能です。
という気持ちが
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス