永谷研一さん「絶対に行動定着させる技術」出版記念講演 | 斜にかまえるには… 「MBA投資家社長の人生上質化計画」

斜にかまえるには… 「MBA投資家社長の人生上質化計画」

MBA、US CPA、起業家、投資家、経営コンサルタント、テキーラソムリエ、1級色彩コーディネーター、愛猫家…等の様々な顔を持つ、Shoの人生上質化®(特許庁商標登録済)に向けた日々の雑感


テーマ:
さてさて、先日教育研修の専門家で
発明家の永谷研一さんの講演に参加しました。

新刊記念講演で、新刊は、
「人材育成担当者のための絶対に行動定着させる技術」

{39758E29-D643-4588-9477-B7F2942B54C2:01}

{3AE3125A-141B-4A85-BD17-220756B41D47:01}

会場である八重洲ブックセンターの
書棚の様子はこんな感じで。

講演の参加者は人材育成関連の方が半分、
残りが半分くらいでしたかね?

新刊は前著の「絶対に達成する技術」の
フレーバーを色濃く残しつつも、
かなりシンプルな構成になっていて、
キーポイントも細かくまとめられているので
非常に読みやすいものになっています。

人材育成担当者が陥りがちな、
行動定着しない研修などの落とし穴と
その解決策などがまとめられています。

人材育成担当者のための、となっていますが、
マーケティング部門による商業セミナー開催、
IT部門による新システム導入、
コンプライアンス部門によるセキュリティ対策
…など、本来後の成果にこだわるべきなものの
来場者数や満足度などで評価していたり
行動定着や実際の効果につながらずに
他部門からの評価が高まらなかったりして
困っている方々などにも、ヒントがある書籍かなと。

前著の内容も載っていますが、
よりアカデミックな背景が記載されていたり
経験から得たより具体的なポイントがあったりして
前著の読者も十分楽しめる内容かと思います。
(= 人材育成担当者でなくともOK!)

なお、講演で興味深かった内容では、例えば
「研修はクレームで終わる方が行動変容する」

「参考になった」とか「有意義だった」とか
表面の優等生な回答がきても
行動変容にはつながらないケースが多いらしく。

まぁ、あえて講演後の永谷さんのFBには
「有意義でした」とかっこ付きで
コメント残しておきましたが(笑)

また、よくいうところではありますが、
「答えを言うと思考停止になる」

結局は自分で気づかないと伸びないわけで。

これはいまや社長として活躍されてる
某大先輩の「気づく力」とも共通するかも。

また、「参加者の集め方にも工夫が必要」は
セミナー開催時などには意識していました。

集客する相手や集客する際のフレーズで
すでに勝負はあらかた決まっていたりして。

研修も同様で、適切な参加者を
モチベーションをあげて参加させる工夫が必要。

「購買や研修部門で10年いるとだめになる」は
外部からただで提案受けるのに慣れてしまい
自分の力と勘違いしやすいから、という
某企業の方のお話の引用だった気がしますが
納得感あったりして(^_^;)

IT部門も同様かもしれませんね。

「教育機関は卒業後の成果にコミットを」も
言われてみれば至極当然ですが、面白い視点。

すでに保育士さんの学校などでは、
キャリア初期の離職率が高いことに対応して
リカレント教育でスタートアップ時を
手厚くフォローしたりしているみたい。

美容師とか看護師も同じ悩みがありそうなので
スタートアップまできちんとみてあげると
行動定着も確実になっていいのかも。

大学も卒業後何年後の姿にコミットするとか、
成果にフォーカスした売り方をするのが正しいのかも。

また、業界では基礎的なお話なのかもですが
効果測定の4レベル(エリア?)で
満足度、理解度、行動変容、業績貢献度
…というのを聞いて、
以前の仕事では経営者向けに業績貢献度で
ひたすら会話してたなぁーとか思い出したりしました。

あとは、前著関連のお話の中でも、
「目標設定時にわくわくするか?」というのも
面白い視点かなと思いました。

わくわくするか、それとも、やらされ感があるのか。

わくわくする形に全ての目標を書き換えておくと
より自分自身の目標として確実な達成を目指せるかも。

そして、「本当にできたのか?」の
自己肯定から始める内省とさらなる気づきは
再度強調されてましたね。
実はここがかなり肝なのかも!?

ちなみに、質疑応答から派生した
「社長を変えることは社長にしかできないかも」
…というのも結構納得できる部分があり。

社長は意思決定をする必要があり、
最後はひとりで決めないといけない場面も多く
実は孤独に戦ってたりするもので。

しかし、自社の部下の進言では
スタイルを変えるまでは中々至らなかったりもして。

そんな中でも、耳を傾けやすいのは
他の社長からの言葉だと。

会社は違えど、社長同士だからこそ
話せる話もあったりするというのは、
社長経験から考えても結構そうかなと思いました。

遅かれ早かれまた会社経営に戻るかと思いますが、
「社長コミュニティ」で
色んな社長さんと悩みを解決しあいたいですね(笑)

以上、新刊のごく簡単な書評と講演会のメモでした。

なお、新刊の基礎にもなっている
前著の絶対に達成する技術については、
本人レビュー済みで本家人生上質化サイトでも
ポイントを詳しく記載しているので、
未読の方はぜひご覧あれ。
(記事最下部に新刊のリンクも追加済みです)

p.s. 講演後にサインを頂きました!
何も言わずとも「SHOさん」にして頂きまして。
本名非公開のブログへのご配慮、
ありがとうございます(笑)

{C392EA02-421C-4CE6-ACF2-9AE8342E9976:01}

少しでも役立ったら、バナーのクリック

よろしくお願いしますね☆

 
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

更新がわかるFBページは「人生上質化」で

検索すると出てくるので、ぜひいいね!を。


Sho@また色々お話したいですねー

Sho@MBA投資家社長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス