「楽しい介護を考える」

「楽しい介護を考える」

福祉、医療、山梨県、南アルプス市の内容を中心に
気ままに更新しております。
普段ヘラヘラしている内藤がブログでは熱く語ることも!?
どうぞお付き合いください。

 

 

おはようございます!

 

 

最近、友人が久しぶりに

ゲームの脳トレを再開したそうです。

 

100から7を引き続けていくステージが苦手だそうで

解答にはだいぶ時間がかかると言っていました。

 

テレビやPC、スマホなどのおかげで

すっかり集中力を欠き

受動的になってしまった私たちの脳ミソでは

昔よりも脳トレゲームが苦手になっているのでしょう。

 

 

そういう意味では、今関わっている大先輩方は

本当にすごいと思います。

 

考える力であったり、疑問を持つ力であったり

まだまだ流動性知能を鍛えようとする好奇心であったり。

年相応に物忘れこそすれど

上記の能力をお持ちの方が多いです。

 

 

しかし、残念なことに

季節の影響や、ちょっと体調が悪い時に

何かハプニングを起こし病院へ行くと

安易に『認知症』と診断され

状況が不確かなままにお薬を飲み始めてしまう方もいます。

 

こうなると、なかなか元の状態へ戻ることの方が

難しいのが現状です。

(服薬が始まらず、様子見で良いという方は

不調等の原因が除かれると復活するケースを多く見ています)

 

 

短い時間で効率的かつ公平に認知機能の低下を

判断するために用いられている

「長谷川式簡易知能評価スケール」

というものがあります。

 

確かに、ちょっとその時の様子を見るには

良いスケールだと思うのですが、

これだけで認知症と診断されてしまうのはちょっと...

というところです。

(+脳の画像も診ると思いますが、

脳の萎縮具合と認知機能が一致していない人も多いとか)

 

 

このスケールの中には

友人がしている脳トレゲームにも出てくる

100から7を引いていくという問いもあります。

 

みなさんはスンナリできますでしょうか?

 

普段引き算をする機会が少ないので

結構難しいと思いませんか。

(ちなみに私は

「やっててよかった公文式」です笑)

 

 

ましてや、時代の流れもあって

学問教育をあまり受けられていない方々が

この問題をしたらどうでしょう?

 

実際、私の運営するデイサービスでも

脳トレの類はたくさんご用意していますが

特に計算や国語系の内容では

「勉強なんかできる時代じゃなかった」

「おこもりをしてて、授業が受けられなかった」

こういった話を聞きます。

 

昭和2桁代からの方々は

少しずつそういう状況も改善されていったようですが

 

私たちでも難しいと思うことを診断に用いられていることは

少々疑問を感じずにはいられませんね。

 

認知症の症状にもよりますが

少しおかしなことを言ったり

何度か同じことを言うくらいなら

まずは体調や季節の影響を考慮してみると

良いのかな、と思います。

 

 

今日も1日がんばりましょう♪

http://will-ayumi.com/

むくみやすい季節です。

このマッサージ機が大好評です!

 

 

おはようございます!

 

 

朝ウォーキングをしていると

同じ距離を歩いていても

その日によって終了時の疲れ具合が違います。

 

前日の食事の影響だろうな、とか

そろそろ月経がくるのかな、とか

その日の体調を知るためにも良い習慣です。

 

最近は、空気が違うことも分かるようになってきたのですが

この時期は何といっても『空気が重い』です。

自律神経が乱れやすい時期ともいわれていますね。

神経系疾患の方は過ごしにくい時だと思います。

 

梅雨なので、気圧の加減や湿気の影響なのでしょう。

 

と、思い調べていたら

『水毒』というもので

梅雨は湿気により、体に水分を溜め込みやすく

その余分な水分が身体においたをするようです。

 

むくみやすくなったり、頭がいたくなったりするのは

こういった理由からなのでしょうね。

 

 

キュウリや海藻などの

水分を体外に排出してくれやすい食品を取ること、

発汗作用のある食品(ショウガ等)

運動をして汗を出すこと

などなどが、

身体に溜まりすぎた余分な水分を出すには

手っ取り早い対処法だそうです。

 

 

梅雨明けまでもう少し!!

 

上手に対策をして乗り切りたいですね(^^)

 

 

今日も1日がんばりましょう♪

http://will-ayumi.com/

 

 

おはようございます!

 

 

10年以上前に遡りますが...

山梨にスタバが降臨しました。

 

バイトとかをして自分達でも

ある程度の外食をできるようになると

周囲の女子たちはこぞってスタバ通い(笑)

 

フラペチーノを頼んで

(未だにフラペチーノが何なのかよく知りません。笑)

顎が疲れるパンを食べて

話に花を咲かせる

 

これが当時のオシャレで

少しリッチな過ごし方だったのでしょうか。

 

 

少々財布の紐が固めの私は

せっかく稼いだお金を尿にしてなるものかと

缶コーヒーで大満足していました(笑)

 

学生の頃は専ら、庶民の味方 サイゼリヤです。

もちろん低価格・高カロリーのミラノ風ドリア

バイト代が入ったらご褒美に小エビのカクテルサラダでした。

 

そして、周囲と同じ時期に味覚を鍛えなかったせいなのか

味音痴なのかもしれませんが

私はコンビニのコーヒーが好きです。

 

特にローソンのホットコーヒーは

冷めても美味しいと私の中で評判です!

 

 

さて、本題はコーヒーの効果効能

 

だったのですが、

カフェインに関しては長年にわたり

賛否両論が分かれるところ。

 

コーヒー好きなので

悪いことを調べたくなく

ざっくり個人的に感じていることを書く事にします。

 

メリット

*朝飲むと頭がスッキリする気がする

*便通がスムーズになる

*二日酔いからの復活が早くなる

*気分転換になる

 

デメリット

*飲み過ぎると具合が悪くなる(めまい、嘔気など)

*トイレが近くなる

*間違えてエスプレッソを頼むと一瞬で飲み終わる(友人の体験談)

 

こんなところでしょうか。

メリットが大きすぎるので

これからもコーヒーを愛飲しますが

 

 

車内や仕事場でコーヒーを飲む私にとって

空間を味わえないことを加味すると

スタバのお持ち帰りコーヒーは高いと思います(笑)

 

今朝はネスカフェアンバサダーします。

 

 

今日も1日がんばりましょう♪

http://will-ayumi.com/

紫陽花の葉っぱの裏にちょこんと居る虫。

こういう写真も結構好きです

 

おはようございます!

 

 

朝の1時間ウォーキングを継続中です。

梅雨時期なので、天気を見ながらですが

結構運よく歩けています(^^♪

 

 

およそ10ヵ月続いているウォーキング

 

「よく続いていますね」と言われますが

30代になり、ようやく運動のメリットを実感したことも

関係しています。

 

20代の頃は気力・体力で乗り切れ、

”寝れば回復”だったので

何度か運動にチャレンジしても「効果絶大!!」と

ならなかったことも続かなかった要因かもしれません。

 

が、30代になり、寝ても回復しない上に

そもそも気力・体力が持続しない、、、

 

肩は凝るし、天気によっては体調も悪いし

食べればすぐに脂肪になるし、お尻は下がるし...(笑)

 

 

今、実感しているウォーキングのメリットを3つ

*肩がこりにくくなった

*純粋に体力・筋力がついた

*睡眠の質が上がった

 

そのため、

頭が冴える・集中力がupする

いざという時に持ちこたえられる体力ができる

遊びを楽しめる

食事がやたら美味しく感じる

睡眠をよく取れるので太りにくくなっている

(体重は増えていますが、変なお肉の付き方はしません)

などの効果が生まれています。

 

今は思い浮かばないですが

その他にもたくさん良いことがあります。

 

 

時々ぷちファスティングで胃腸も

良い状態に保てるようにしています。

 

 

健康のためにも、仕事のためにも、

そして、晩酌のためにも(笑)

ウォーキングは継続していきたいと思います。

 

 

今日も1日がんばりましょう♪

http://will-ayumi.com/

雨の日の翌朝、大きな虹が見られました!!!

 

 

 

おはようございます!

 

 

スタッフの娘さんが次の実習に突入するそうです。

母校の後輩です。

 

話を聞くたびに当時を思い出しますが

その時の実習はいろいろと吹っ切れて

楽しく励んでいた記憶があります。

 

 

1年生の頃

本気で「辞めたい」と思う出来事が勃発しました。

実習中のことです。

 

先生や先輩方の熱いフォローにより気持ちを持ち直し

無事実習をクリアしてへらへらしていました。

 

周りに助けてもらえたことは

最大のラッキーでありましたが

何かがあった時

もしそれが、自身よりも上の立場の人からの

何かだったとしたら、、、

 

私は物凄く臆病者なので

 

明らかに自分に非がないとしても黙ってしまいます。

 

沈黙の内藤です(笑)

 

 

ただ、その時に

自分の正当さを主張しなくてよかったと思います。

 

「自分が正しい」と主張するのは

とても簡単なことです。

 

ですが、お相手は国家試験を控えた

それまでにめちゃくちゃ頑張ってきたであろう人です。

 

なおかつ、元々知人だったというのもあるのですが

その人の道を安易に阻んではいけないなと、

そんな気持ちがよぎったことを思い出します。

 

 

相手を貶めることは

いつでも簡単にできます。

 

自分の正当性を主張して

あとは周囲が理にかなった方を支援する、的な。

 

 

「自分を守りたい」… 防衛本能ですね。

当たり前に出てくる反応です。

 

 

ましてや+αがある場合

(大事な事が控えていたり、家族がいたり、立場を守りたいなど)

 

それはより一層強くなると思います。

 

 

言ったもの勝ち

 

そういう時もあるかもしれませんが

私が1年生の時に経験したように

ちゃんと見てくれている人はいます。

 

 

間違いだと分かっていて正しいと主張し

それが通ってしまったのならば

いつかどこかで同じ壁にぶち当たり

 

それは大人になればなるほど

クリアすることが難しいのでは?と感じます。

 

 

なので、私は割と失敗が多めですが

正直に生きていきたいと思います。

 

 

そんなことをふと思い出し書き綴ってみました。

 

 

今日も1日がんばりましょう♪

http://will-ayumi.com/

久しぶりにCDを購入しました。

同級生は今でも夢を追い続け頑張っています。

刺激を受けますね。