腎臓病について☆その3 | 銀座ダックスダックス

腎臓病について☆その3

こんにちはニコニコ 

今日、ピコママに息子ピース君から

こんなにかわいいお花が届きました花束

ピース、ありがとうハート 

弟もすくすく育っているからねーnikoniko by ピコママはーと

ピコパピーの次男くんは、

ピース君の弟になるんですニコニコ

両親同じの本当の兄弟だから

きっと同じお顔になるでしょうねにっしっし

 

さて、今日は、腎臓病の続きですビックリマーク

ライラとピコラのお散歩写真もご覧くださいねにっこり

腎臓機能の低下を

少しでも防ぐための2つ目は、「水分」

これから暑くなるので

熱中症などにも気をつけないと命取りになります。

脱水症状の原因は

熱中症や下痢、嘔吐だけでなく、

急性腎不全や腎炎、急性胃炎や感染症などもあります。

熱中症がきっかけで、

腎臓病を患うワンちゃんもいます。

身体の中の水分量の割合は、

人間もワンちゃんもあまり変わらず、

60~65%と言われています水

その水分の中には、電解質、たんぱく質や栄養素、老廃物などがあり、

通常は、食事や水分によって身体に入れ、

呼吸や便、尿、よだれや鼻水などで出ていますたぬき

ワンちゃんも人間と同じく

体重の10%以上の水分が奪われると命に関わります。

目を見て、様子がおかしい、脱水かも?

と思ったら、次のチェックしてください。

 

1:首の皮膚を引っ張って、すぐ戻るかどうか

2:歯茎を押して、白い状態からすぐにピンク色に戻るかどうか

 

もしも、脱水していたら、

「水を飲ませればいい」と思っているとしたら

ここからが重要です!!

脱水と言うのは、単純に

「水が不足している状態」ではありません。

脱水は「水分が失われただけでなく、

電解質も同時に失われた状態」です。

水を飲ませることにより、

電解質のバランスがさらに崩れて悪化することもあるのです。

この場合、スポーツドリンクなどを飲ませて

すぐに病院へ行くようにしてくださいね。

水を飲む子、飲まない子色々だと思いますが


ワンちゃんの場合、

「水を飲みなさい」と言って飲む子は珍しいと思います。

そこで、脱水を防ぐことや腎臓病や

その他の病気の予防のために

看板犬が工夫している事は・・・

 

1:ごはんの時はフードが滴るくらいの

 水またはぬるま湯を与える。

2:朝・夕の食事を朝・昼・夕の3食にし、

 「1」の水分は3食毎回。

3:夏の時期は、「1」の水分は、

 水だけでなく、「水」と「経口補水液」を混ぜて与える。

参考にしてくださいね見る

そして、ごはんの時には

サプリを入れています。

続きは、また明日~ウインク