”家畜化し権力者に媚びる。”

テーマ:

「モリカケ」を幕引きにしたいネトウヨと同化した日本のマスメディア。

    日々雑感ブログより    

 ネトウヨ諸君と同じほどマスメディアも劣化したというべきなのだろう。

「モリ カケ」は未だ何も解明されていない

アヘ官邸の闇は闇のまま、昭恵夫人の森友学園への関与は谷秘書を通して財務相に問い合わせた因果関係も何も解明されていない。

 

アヘが強く否定している。

 

さらにアヘが国家戦略特区の議長を務めているが加計学園が獣医学部の新設を申請しているかも知らなかったし、

決定した昨年1月に初めて知った、と強弁しているため、国民は消化不良を起こしている。

 

その白々しさは恐ろしい勢いで日本全土に伝染して、

日大もアヘ内閣並みの理事会に堕落してしまった。

 

 加計学園の事務長がアヘの「それいいネ」という獣医学部新設に対するお墨付きを「捏造していました」と自白するに到っては、

彼を国会に証人喚問して正さなければならない必要性をマスメディアが指摘しないのも不思議だ。

 

 マスメディアが「モリ カケ」という官邸の腐臭漂う事案に幕引きをしようとするのはジャーナリズムの自殺行為でしかない。

権力の腐敗に付き合うマスメディアもまた腐敗してると言わざるを得ない。

 

 マスメディアは国会には審議すべき事案が他に沢山ある、

と野党を批判しているが、審議すべき議案とは

「働き方改革」というお粗末なデータ改竄のやっつけ仕事で書き上げた法案のことだろう。

 

そんな戦後労使協議で築き上げてきた労働三法を破壊する

社員のオール臨時雇用化する法律案に過ぎない

 

それも米国の1%が求めるグローバル化の一環だということは改めて説明するまでもないだろう。

 

 そうした実態すら全く解説しない日本のマスメディアは

アヘ自公政権の策略を支援し、諸手を挙げて賛同している。

日本のマスメディアは依然としてGHQ支配下にあるようだ。

 

イメージ 1 

 

https://blogs.yahoo.co.jp/eternalpiese999/40692223.html