「小説幻冬」の『おぼっちゃまくん』がやたら好評だが、あれこそ文芸誌だから描けた作品。
一般漫画誌では描けない。 

すぐ抗議してくる奴らがいるし、すぐ抗議に屈するし、あらかじめ抗議が来ることを恐れて、自主規制し始める。

誰かが傷つくという条件は絶対的な威力を発揮する。
この世の中に誰も傷つく者がいてはいけないという異常なイデオロギーが蔓延してしまっている。

「傷つくぞ!傷つくぞ!傷つけてはいけない!」
「足を踏まれた者の痛みが分からないだろう!」 

この10年、20年で、表現規制はとことん強化された。
「中略」

「セクハラ」やら「共謀罪」やら、今後も表現の枠を縮小させていく流れは続くのだろう。

ディストピアへ、ディストピアへ、誰も傷つかないディストピアへ。

ディストピアへ

 

あえて言おう、すぐ抗議してくる奴らも、すぐ抗議に屈するやつらも、自主規制し始めるやつも虫けらだ!!!!!

 

そしてもう一つ、…おいよしりん、まるで「あきらめろ」とか「ディストピア受け入れろ」って言いたいんだなよしりん!くずだな!!!!!!虫けらだな!!!!「メディアよ、「傷つくぞ!傷つくぞ!傷つけてはいけない!」
「足を踏まれた者の痛みが分からないだろう!」 に抗え!!!!」とかかけボケ!!!!

 

 

森友学園を隠ぺいした財務省、死ね!!!!!!