2018.01.24(水)

山尾・倉持の責任は重い

 

 

西部邁氏の死を考えると、自分の存在意義があと何年残っているかと思わざるを得ない。

西部氏は、言論なんて虚しい、自分の言論なんて何の意味もなかったと言っていたが、やばいことにわしの『新堕落論』はまさにそこから始まる。
堕落のスピードの方が速すぎる。 

わしの長年の主張は「自主防衛」であり、「主権回復」であり、「侵略戦争の阻止」だから、山尾・倉持の「立憲的改憲」は、わしの人生の最後の賭けかもしれない。
ここでしくじって、安倍加憲に負けたら、もうアメリカの属国化は、わしの生きてるうちには防げない。

堕落のスピードが速すぎるから、日本国の真の独立はもうやってこないかもしれない。
わしもどこまで気力が続くか分からないし、わし以上に気力がある日本人も見つからないし、わしが病気になったらおしまいだ。
自意識過剰だが、日本には従米ポチしか見当たらないから、西部氏が死んだなら自分がやるしかない。

そんな警告も籠めて『新堕落論』を描いたが、もはや奴隷のルサンチマンは日本人の骨身に達しているから、理解してもらえるかどうかも分からない。

思想・哲学としては『新堕落論』で、実践としては「立憲的改憲」に賭けてみる。
山尾・倉持はわしに希望を見せてくれたのだから、全力で責任をとれよ!

 

https://yoshinori-kobayashi.com/14931/

 

従米ポチはクズだ!そして「言論なんて虚しい、自分の言論なんて何の意味もなかった」といってるやつも虫けらだ!!死ね!!そして立憲主義改憲実現しろ山尾議員!!

 

 

 

ピグキッチンに遊びに来てね! http://piggpuzzle.amebagames.com/#neighbor/9a7e416c2e93c6525c6defdaa74f74be