”民進党の分裂は前原の責任”

2017.10.10(火)

最悪のケースに向かっている

 

 

今回の解散総選挙は立憲民主党が大躍進となるのは間違いない。
立候補者が少なすぎたくらいだ。 

大問題なのが希望の党で、大敗北を喫する可能性が高い。
希望の党の大敗北は、小池百合子ブームの終焉だ。
「排除する」があまりにも大失敗だった。
排除の論理が立憲民主党の旗揚げを産むのは論理的必然だ。 

わざわざ野党を割ってしまったのは、小池百合子と前原誠司の重大責任である。
小池百合子は今後、都議会においても地獄を見るしかない。 

そして漁夫の利を占めるのが、驚くべきことに自民党である。
自民党は大勝利して、またもや安倍首相は運がいいと評価され、安倍政権が延命することになるだろう。

安倍一強独裁はまだまだ続くことになる。
安倍首相は選挙の結果で、自分の悪もすべて信任されたと胸を張り、野党が何を言おうが、批判だけしてるから、負けるんですよと豪語することになるだろう。
ネトウヨは大喜びで、ますます排外主義と国民の分断が進んでいくことになろう。

この最悪の結果を招いた戦犯は小池百合子と前原誠司である。
断頭台に上げねばならぬ二名である。 

希望の党に行った政治家にも冬の時代が訪れる。
わが身可愛さに魂を売って安倍政権を延命させたと見られて、勢力は痩せ細っていくだろう。

結局のところ、次の選挙のときには、立憲民主党がさらに躍進して、自民と立憲の二大政党制に近づくことになる。 

本当に安倍政権にはうんざりしたと思う国民は、投票コードとして、一に立憲民主党、二に希望の党の順番で入れねばならない。
希望の党があまりに議席を獲得できない結果になると、その分、安倍政権の延命に手を貸すことになる。
一に立憲、二に希望、これしかない。 

安倍政権さえ倒れれば、自民党がもっとリベラルになる。
わしは石破政権の誕生を望むが、そのためなら希望の党と自民党が組んでもいい。
本気で安倍政権にはうんざりしたと思う国民が多ければ、一に立憲、二に希望しかない。
だが、最悪のケースが待っているような気がしてならない。

YOSHINORI KOBAYASHI OFFICIAL SITE | 小林よしのり公式サイト

https://yoshinori-kobayashi.com/14225/

 

俺もうすうす感づいてはいるがな、前原と小池のせいで安倍政権を延命へと導いてる上に最悪のケースも迫ってるかもしれないってことをな・

 【須田慎一郎氏の見解】

 正直言って、筆者も含めて政治記者泣かせの選挙戦になってしまった。

 それというのも選挙結果が、まったく見通せない状況になってしまったからに他ならない。

「中略」

 しかしそれにしても、こんな形で4年ほど前には、曲がりなりにも政権を担っていた政党が、一夜にして消えてしまうことなど、一体誰が予想しただろうか。

 まさに「一寸先は闇」を地で行くかのような動きだ。この吸収劇によって、政権交代への期待が一気に膨らむこととなったのは間違いない。

 しかしそうした有権者の期待も、小池代表の「排除します」という発言をきっかけに、急速にしぼんでいくこととなった。

 そもそも今回の選挙の勝敗は、どのような形で決着を見るのだろうか。その大前提となるのは、過半数ラインだ。衆院議員の定数は、465。つまり過半数ラインは、233議席となる。

 そうなると自民・公明両党の獲得議席数が、トータルで233議席を下回ったならば、新たな連立パートナーを探さない限り、両党は野党に転落することになる。

 安倍首相は、こうしたことを前提に勝敗ラインについて「自公で過半数」と設定したのである。

 そして、その上で「過半数を取れば当然、首相指名を受ける候補として出ていく」と発言してみせた。これは、あまりにも甘い目標設定だと言わざるを得ないだろう。

「中略」

 筆者とは親しい関係にある自民党幹部がこう言う。

 「自・公合わせて233議席ちょっとでは、自民党内が持たないだろう。その水準では、間違いなく“安倍降ろし”が起こることになる」

 この言葉の意味するところは、単に過半数ラインをクリアしただけでは、とてもではないが合格点はつけられないということに他ならない。

 だとしたら、曲がりなりにも安倍政権を維持しようとするならば、どの程度の議席を獲得する必要があるのだろうか。

 「自民党単独で過半数(233議席)をクリアできたならば、とりあえず安倍政権は安泰だろう」(前述の自民党幹部)

 実は自民党内では、こうした声が多いのだ。言ってみれば、実質的な勝敗ラインは「自民党単独で233議席」といったところ。

 果たして安倍首相は、このラインを死守することができるのかどうか。

 逆に言えば、希望の党や立憲民主党は、そのライン以下に追い込むことができるのか。その点が注目ポイントになってくるだろう。(ジャーナリスト)

2017.10.10.
須田慎一郎氏が指摘する衆院選のポイント「自民単独過半数割れで安倍降ろしも」

https://www.daily.co.jp/gossip/2017/10/10/0010629236.shtml?pu=20171010

自民党が単独で過半数を保てるかどうか、そしちぇ公明党に助けられる形での過半数化によっては安倍政権を破滅へと追い込むことになるのかも。でも前述のよしりんの最悪パターンに来てることを考えっと。。。