池田信夫版日米安保条約論

テーマ:

日米安保は「日本を守る条約」ではない

朝日新聞やガラパゴス憲法学者をバカにするのはもう飽きたが、「国際政治学者」にも「イスラム法学者」にも常識が欠落しているので、わかりきったことだが補足しておく。日米安保条約が存続する限り、アメリカが日本の核武装を認めることはありえない。日米同盟の目的は、旧敵国たる日本の軍事的自立を阻止することだったからだ。

日米安保は「日本を守る条約」ではなく、来たるべき第3次大戦で日本を前進基地として犠牲にして「自由主義陣営」を守る条約だった。これは1950年代には、「全面講和」派も「片面講和」派も認識していたことだ。丸山眞男はこう書いている。

仮に自由主義と共産主義とが原理的に全く反撥すると仮定しても、そのことから、その一を奉ずる国家ないし国家群と他を奉ずる国家ないし国家群とが、必ず対立し反撥するという結果は出て来ない。[…]逆に相似たイデオロギーを持った国家が干戈を交えた例は、史上殆ど枚挙に暇がない。(「三たび平和について」)

「以下略」

 

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/52001705.html

 

これが本当だったら日本をアメリカはわざと見捨てるかもしれないってことだ!

 

関連ページ↓

戦略としての対米従属

アゴラの合宿は盛り上がり、やばい話も出たが、オフレコなので一般論で感想をメモ。安倍首相が秋の国会に憲法改正案を出すことを断念して憲法論議は振り出しに戻ったが、これは国防のあり方を根本から考え直すチャンスともいえる。

憲法改正を党是とする自民党の結成以来、改正案を出した総裁は、実は安倍氏が初めてである。自民党ハト派はもちろん、中曽根総裁も小泉総裁も出さなかった。その理由は複雑だが、単純化すると対米従属が快適だったからだろう。これは高坂正堯のいう「軽武装」だが、単なる経済主義ではない。

1951年にアメリカの求める再軍備を拒否した吉田茂には、それなりの計算があった。朝鮮戦争の起こっている東アジアで、貧弱な戦力で日本を守ることは不可能だった。米軍基地を日本に引き留めるには、日本があえて丸腰で「属国」になることが一つの戦略だった。このために彼がアメリカに提供したのが、日米行政協定(今の地位協定)という不平等条約だった。

 

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/52000523.html

 

北朝鮮が「水爆実験」をやったと発表した。このまま放置すると対米攻撃が可能になり、日米同盟の枠組が変わってしまうが、北朝鮮の攻撃対象になっている日本は「憲法の制約」で主体的に作戦を立てられない。本書はそういう日米同盟の複雑骨折を知るマンガとしては役に立つが、「知ってはいけない」ことは何も書かれていない。

そのコアは「安保条約の裏には、米軍が基地を任意の場所に置ける地位協定(当初の行政協定)がある」という話に尽きるが、これは日米同盟を批判して丸山眞男が指摘したことだ。

行政協定はまた安保条約に根拠づけられています。時間的または論理的には、講和条約―安保条約―行政協定という順序ですが、むしろアメリカ政府の狙いからいえば、行政協定あってこその安保条約であり講和条約なので、そのことは岡崎・ラスク会談による行政協定締結の見透しを俟ってはじめてアメリカ上院が講和条約の批准をとり上げていることからも明瞭です。(「『現実』主義の陥穽」)

彼がこれを『世界』1952年5月号に書いたのは、まさに安保条約の発効したときだった。彼をリーダーとする知識人が「全面講和」を主張したのは、それが本書のいう「対米従属」を決定的にするものだったからである。

それを21世紀になって「隠された日本支配」と称するジャーナリストもお笑いだが、彼の話を真に受けて陳腐な陰謀論が繰り返されるのも困ったものだ。日米同盟はアメリカが一方的に押しつけたものではなく、不平等条約であることを承知の上で吉田茂が選択した体制だからである。

この点で「押しつけ憲法」をいいつのる保守にも問題があるが、対米従属がけしからんというなら答は一つしかない:日米同盟を解消して憲法を改正し、日本が「自主防衛」することだ。ところが本書はそれをごまかすものだから、「国民がみんなで考えよう」という曖昧な話で終わる。

日米同盟の不平等性は、もう一つある。安保条約でアメリカは日本を守るが日本はアメリカを守らないことだ。これは地位協定という「裏の日米同盟」と一体になっているが、安保条約の不平等性は地位協定よりはるかに大きい。それは米軍兵士の「血」を在日米軍基地というカネで買う条約だからである。

このため(著者が錯覚しているのとは逆に)アメリカ政府は日本が憲法を改正して自国の防衛に責任を負うように圧力をかけてきたが、自民党政権は「国民の理解が得られない」という八百長で逃げてきた。このような「複雑骨折」の責任は日米同盟を一面的に批判した丸山などの戦後左翼にもあるが、それを65年後に繰り返す左翼の劣化は深刻である。

 

「対米従属」という笑い話:『知ってはいけない』

2017年09月03日 17:30

http://agora-web.jp/archives/2028112.html

不平等条約であることを承知の上で吉田茂が選択した体制、というのは本当なんだろうか?マジだったら苦渋の受け入れをしたことになるが…

 

 

ピグキッチンに遊びに来てね! http://piggpuzzle.amebagames.com/#neighbor/9a7e416c2e93c6525c6defdaa74f74be

AD