ジョギングしてました。昨日雨何度も降ってたせいですべってずっこけました。骨折るほどの大けがじゃなかったとはいえ、手すり切ってやっぱり痛かった!その影響(?)で少し慎重になりました走りが。でもやっぱり飛ばすときは飛ばしてた。距離3.8km+3km?タイム19:00,22:00・

 

 

記事
小林よしのり2016年09月08日 12:16天皇陛下と安倍政権との戦争になった!


 

今朝の朝日新聞に、「生前退位、特措法で」という記事が
載っている。
政府は「皇室典範改正せず」だそうだ。
しかも「いまの天皇陛下だけ可能に」だ。
一代限りで次の天皇はまた終身制ということだ。

新聞の2面に書かれている通り、「自分だけの譲位を可能
にする特措法は本意ではないだろう」という陛下に近い
関係者の言葉通りである。

(中略)

やはり安倍政権では、コアな支持者である「男系固執派」を
裏切ることは出来ない。
日本会議の磁場から逃れることは出来ない。

政府の出す結論通りなら、これは天皇陛下にとって最悪の
結果になる。

安倍晋三はこう考えているのだろう。
「そんなに譲位したいのなら、さっさとさせてしまえ!」
「その代わり、おまえの望みなんか一切聞いてやらん!」
「ざまあみろ!」

安倍政権は、天皇陛下の玉音放送を、権力への挑戦と
受け取って、むしろ陛下を逆恨みし、「仕返し」をするつもり
なのだろう。
これは天皇陛下(権威)と安倍政権(権力)の戦争なのだ。
国民は、どちらにつくかが問われている。

http://blogos.com/article/189768/

一代限りの「生前退位」特措法、来年国会にも法案提出

笹川翔平、大久保貴裕

2016年9月8日07時32分

http://www.asahi.com/articles/ASJ977QZXJ97UTFK020.html

 

 

俺も読みました今日の朝日の「一代限りの「生前退位」特措法、来年国会にも法案提出」。天皇のいわゆるお願い(ご聖断)を虫けら扱いしやがったよあほ総理!あほ総理にとっちゃ特措法は苦肉の策?だったうえにあえて絶望与えさせて天皇ショック死させる作戦かもしれんが俺から「見たらバカにしやがった!」としか見えん!!天皇とあほ、展開的にはほぼ拮抗してると思う。だがあほ総理のことだ、だましだましの戦法使って国民を天皇の敵にするかもしれん!おやすみなさい。