富士山と江ノ電 | "帰ってきた"基本的にお一人様

"帰ってきた"基本的にお一人様

三度の飯より飲み食いが好き。
不摂生で不謹慎なオヤジの「飲んで食って遊んで時々仕事」

この時期、湘南海岸では富士山が綺麗に見えるので年末に富士山と江ノ電を絡めた画像をカメラに収めてきました。


場所は七里ガ浜の海岸線から稲村ヶ崎駅に通じる併用軌道区間との境目辺り。
早朝から午前中が順光になる撮影地で幅員が狭い道路になるので構図は難しいし、車が来たら撮影は中断と言うちょっと難易度の高い撮影地ですが、富士山と絡めた構図が上手く決まったときはなかなかの充実感を味わえます。

上の画像は1枚目の画像。光線の回りは良いのですが富士山が小さい感じがして…構図がちょっと中途半端な感じがするんですよね…
なので、ちょっと構図を工夫して下の画像を撮影…この構図だと道路に出るので狭い裏通りなので車の往来を妨害しないようにするので気を遣います。



ファインダーを覗きながら車が来ないか常に背後と警戒しつつの撮影になるのですが・・・長めの玉を使って富士山を引き寄せ気味にしてやると、なかなか良い感じです。
そして300型が来るのを待って撮影したのが下の画像。




運良く車も来なくて富士山の大きさも程好くて良い感じと自己満足です^^;
でも、順光から半逆光に太陽の位置が移りつつあるときだったので・・・影の出方や正面への光の回り込みがイマイチなんですよね…

この場所での撮影を終えてから周辺を歩き回って風景写真を撮って帰宅前の薄暮の時間帯に再び七里ガ浜・・・と言っても、今度は鎌倉高校前駅と七里ヶ浜駅間の鎌倉高校寄りの国道134号線と併走する直線区間で夕景に挑戦!



かなり暗くなってからですが、撮影できてしまうのがデジカメのすごさですよね・・・
最後に鉄道じゃありませんが、富士山絡みの風景写真ってことで・・・



ちょうど良いタイミングでサーファーオヤジがフレームに入ってくれました。

また時間があったら、びしっと決まった構図の画像をゲットできるように再挑戦しないといけないな・・・