ハナハナ目(リーチ目)特集その3【左上段白7スベリハズレの形】 | ひぐらしの華が咲く頃に~引き弱だちょうのハナハナ街道記~

ひぐらしの華が咲く頃に~引き弱だちょうのハナハナ街道記~

ハナハナシリーズの実践からのデータ採取をメインに取り上げています!

完全解析できないハナハナシリーズをどこまで実践から調べられるか?

その他パチスロ、パチンコ実践もたまに取り上げてますよ~。

頭脳をたくさん使う遊びは得意でも、頭脳をたくさん使う勉強は不得意なだちょうです。


これも3年前の記事を修正して再投稿しております。
ん~、3年前ってどんなスマホを使っていたかも忘れてますw



今回のクイーンハナハナ以降のハナハナ目(リーチ目)集は、
左リールに白7がスベって来たときの形です。

リール配列はこちら↓
※画像はハナハナ鳳凰


白BAR狙いをしていると降臨します↓


この時点でボーナスorスイカが確定します。
その後の形によっては、BIGかREGかの判別も可能になります。

ここからの説明は、左リールがキチンと3コマ以上スベってきた場合のみ有効となりますのでご注意下さい。


まずは順押しの王道から↓


中リール1コマor3コマスベリで見る事ができます。
つまり上段白7ビタ押しか、6番HANA下段ビタ押しで降臨させる事ができます。


次はハサミ打ちの王道↓


右リールは、白7の下にいる8番のスイカを上段か中段に押すと、スイカをフォローしつつ全ボーナスを揃えることができます。

遅く押してしまってスイカの取りこぼしになると、白7が下段までヌルスベリしてきます。


こちらは上級者向けで、右下段に白7ビタ押しでも両ボーナスとスイカをカバーできます。


下の形でボーナスが揃わなかったら、残念ながらスイカの取りこぼし確定です。


その他の左リール3コマ以上スベリからのハナハナ目は…


中リール強力図柄や、右下ベル停止もボーナス確定。

ちなみに…
このベル小山は、順押しで中リール上段に赤7をビタ押ししないと見れません。
しかも、左リールが3コマ以上スベっていない場合だと、中リール上段に赤7をビタ押ししてもそのままビタ止まりして、ボーナス一直線の形を作ろうとします。


こちらもスイカ非テンパイで2確の形↓
↑これは中リール2コマスベリでしか見ることができません。

さらにここからの場合は、BIGかREGのフラグ判別が可能となります。
↑右下白7停止でBIG
右下白BARだとREG


ここで注意点!

スイカ非テンパイ=スイカ否定
というわけではなく…



ハサミ打ちこんな形になってもスイカ取りこぼしなので注意!

左上白7からは、第2停止でスイカを否定しないと、完全スイカ否定にはなりません

ここは左上スイカからの法則と少し違う点ですね。


その他スベリを考慮しない純粋なハナハナ目は…
↑挟み中段スイカテンパイハズレ

↑スイカ中段テンパイハズレ

↑ボーナスorチェリーの一直線
※4・6・14番のHANAは右下がりのみ絡むとスイカ取りこぼしorボーナスに格下げ

そして先ほど取り上げたベル小山


これでほぼ白7スベリからのハナハナ目はカバーできるでしょう。


そして最後に順押し上・中段白BAR狙いではお目にかかれない2確目がこちら↓


7がズレて2確というインパクト抜群のハナハナ目です。

しかし、左リールは1・2コマスベリでしかこの形は作れないので、チェリーを無視しないとこれは見れません。

さらにこれも右上に白7を狙うことによりボーナスフラグの判別が可能に!
右上に止まった図柄が…

白7…BIG
白BAR…REG