新聞協会が「消費税増税の際は、新聞には軽減税率を適用してね」と経産省にお願い | 脱税事件簿ブログ
2011-07-25 00:00:37

新聞協会が「消費税増税の際は、新聞には軽減税率を適用してね」と経産省にお願い

テーマ:税制改正
 税制改正で経産省に要望(新聞協会HP)
 http://www.pressnet.or.jp/news/headline/110712_1363.html
 
 うけるね。笑えるよ。ここまで、国民を舐めている記事だと。
 
 「社会保障と税の一体改革」における税負担のあり方で、新聞各社は以下のような意見を述べている。
 
 (朝日新聞)
 財政を「安心勘定」(社会保障部門)と「我慢勘定」(社会保障部門以外)の二つに大きく分け、我慢勘定では歳出削減。安心勘定を支えるために大幅な負担増は避けられない。所得税や相続税を含めた一体的な税制の見直しをする中で、消費増税。
 
 (毎日新聞)
 社会保障の安定財源として消費税を基本にしながらも、所得と資産への課税についても見直すことを検討すべき。
 
 (読売新聞)
 消費税を目的税化して「社会保障税」に改め、税率を10%とする。ただし、食料品など生活必需品は5%に軽減。税収の使途は、医療、介護も含めた社会保障給付に限定。
 
 (日経新聞)
 消費税は将来、10%台半ばまで引き上げ。
 
 (産経新聞)
 「自立応援年金制度」の財源は、豊かな高齢者の基礎年金の税負担分を減額して捻出し、不足分は、消費税増税などの新財源を充てる。
 
 気持ちが悪いくらいに足並み揃えて、新聞各社は消費税増税という意見。しかし、新聞には軽減税率を適用してねと。笑えるよ。
 
 今後、新聞各社は間違いなく「消費税増税を早くしろ」という記事を書き続けるよ。国民を洗脳するから、新聞の税率は軽減してねということだ。しらけるね。

千の租税判例を研究した税理士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ