7.7(土)第45回 被ばく学習会「放射線の遺伝的影響は?」 | 脱原発の日のブログ

脱原発の日のブログ

12月8日は1995年、もんじゅが事故を起こして止まった日。この時、核燃料サイクルと全ての原発を白紙から見直すべきだった。そんな想いでつながる市民の情報共有ブログです。内部被ばくを最低限に抑え原発のない未来をつくろう。(脱原発の日実行委員会 Since 2010年10月)


テーマ:

 

皆さま

 

 7月7日(土)午後、放射線の遺伝的影響について研究されている

 振津かつみさん(国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所)を

 お迎えして、被ばく学習会を開きます。

 

 今回は微妙な問題だけに、録画公開はありません。

 予約の上、会場で振津さんのお話を直接お聞きください。

 予約:anti-hibaku@ab.auone-net.jp  

090-3577-4844

  

  マウスなどの動物実験では、親世代の放射線被ばく(精子や卵子の被ばく)によって、

子どもの健康影響が誘発され、さらにその影響が、次の世代にも受け継がれていくことが観察されています。

しかし「ヒトでは放射線の影響は遺伝しません」などと言われることがあります。本当でしょうか? 

遺伝的影響を調べておられる振津(ふりつ)かつみさん(医薬基盤・健康・栄養研究所)にお話しいただきます。

 

第45回 被ばく学習会「放射線の遺伝的影響は?」

日 時:7月7日(土)午後1時開場 1時15分〜4時45分

場 所:文京区・男女平等センター・研修室B(チラシPDF添付)

    ●地下鉄丸の内線、大江戸線「本郷三丁目」駅5分、

    ●都営地下鉄「春日」駅7分

    ●文京区本郷4-8-3 本郷真砂(まさご)アーバンハイツ1階

講 師:振津(ふりつ)かつみさん(国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所)

資料代:1,000円 

申込先:anti-hibaku@ab.auone-net.jp   電話予約:090-3577-4844

 

脱原発の日さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス