北海道泊原発3号機の営業運転再開は許可できない | 脱原発の日のブログ

脱原発の日のブログ

12月8日は1995年、もんじゅが事故を起こして止まった日。この時、核燃料サイクルと全ての原発を白紙から見直すべきだった。そんな想いでつながる市民の情報共有ブログです。内部被ばくを最低限に抑え原発のない未来をつくろう。(脱原発の日実行委員会 Since 2010年10月)


テーマ:
泊3号機「再開反対」 札幌市民団体がデモ行進

北電が調整運転を続けている後志管内泊村の泊原発3号機の営業運転再開に反対する
デモ行進が24日、札幌市中央区の大通公園周辺で行われた。主催者発表で約200
人が参加し、放射能の不安からの解放を訴えた。

 札幌の市民団体「Shut泊」「ほっかいどうピースネット」「市民自治を創る
会」が主催し、小学生からお年寄りまでが参加。

 大通西4を出発した一行は「NO原発」「STOP!再稼働」などと記したプラ
カードを掲げ、道庁前まで約2キロを「魚や畑、子供を守れ」とシュプレヒコールし
ながら行進。泊原発全体を停止するよう訴えた。泊3号機再開反対で提訴=「国の審
査指針は誤り」-北海道
----------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------

泊3号機再開反対で提訴=「国の審査指針は誤り」-北海道

 「国の誤った安全設計審査指針に従い原発の運転再開を認めるのは違法」として、
北海道の住民38人が1日、国を相手に、海江田万里経済産業相が北海道電力に対し
て泊原発(泊村)3号機の定期検査終了証を交付しないよう求める訴訟と仮処分の申
し立てを札幌地裁に提起した。

 東京電力福島第1原発の事故後、全国の原発で地元の不安や「やらせメール」問題
などで、定期検査後の営業運転の見通しが立たない。原告側は「泊3号機の行方は全
国に影響する」として、原発再開の是非を問う構え。

 訴状によると、福島第1原発で、従来あり得ないとされた長期の全電源喪失が発
生。現行の審査指針は誤っており、電源車の配置などを指示した国の「緊急安全対
策」でも不十分とした。

 泊3号機は検査最終段階の3月7日、通常1カ月程度の「調整運転」と呼ばれる試
運転に入った。しかし、北海道電力は最終検査に向けて国と調整中といい、5カ月近
くも試運転の名目でフル出力の発電を行う異例の状態が続いている。

 現行の審査指針については、原子力安全委員会が見直しに着手している。
 経産省原子力安全・保安院のコメント 訴状が届いておらず、コメントできない。

     (時事ドットコム 2011/08/01-18:06)
----------------------------------------------------------------------------
---

震災後初の運転再開となるか、全国から注目を集める北海道泊3号機。

既に調整運転と称して5カ月フル稼働を続けているものの、首相や知事から正式な営
業運転許可が取れるのか否かでは、全国の原発の運転再開に影響を与えそうです。

道民よ、今こそ行動しましょう。そして、浜岡や玄海のように全国から道民のみなさ
んをサポートする行動をどんどん起こしていきましょう。
訴訟の行方から目が離せません。
泊3号機の発電量は、91.2万KW。
この原発には、福島第一原発3号機と同様、プルサーマル化が計画されています。

しかも、このMOX燃料製造申請は震災後の5月20日に提出され、来年春の定期検
査を機にプルサーマル化しようと北電は企んでいます。
事故の危険度も、放射線排出量も半端ないプルサーマルを増設しようという動きがま
だ続いている事は驚き以外の何事でもありません。

安全性が確認されないものは、まず止めてから考えよう。
夏場涼しい北海道では、本州と違って夏場のピーク電力うんぬんという話は通用せ
ず、北電は冬場に電力が不足するというプロパガンダを流し続けている。
暖房ならば、薪ストーブを補助金付きで、全家庭・全事業所に普及させれば、電力消
費が大幅に減る事になります。

今こそ開拓者精神にのっとり、日本の新エネルギー政策の草分けとなるような行動を
起こし存在感を示して欲しいと思います。

(K)


脱原発の日さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。