生き抜く為に価値観を見直そう | 日本を安倍晋三から取り戻す!真の国益を実現するブログ

日本を安倍晋三から取り戻す!真の国益を実現するブログ

安倍総理大臣の売国政策に我慢ができず、ブログを始めることにしました。
真の国益を実現するため、外交・国防・憲法・経済・歴史観など
あらゆる面から安倍内閣の政策を厳しく評価し、独自の見解を述べていきます。


テーマ:

↓よろしければ1日1回応援クリックお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ ブログランキング



http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&Mode=0&id=155140302


(上記は、建設業への外国人労働者受け入れ拡大のパブリックコメントです。25日が期限です。再度意見表明お願いします。何度も可能です)


以下、本論


残念ながら、安倍政権がこのまま続いたら多数の国民にとっては苦難な生活が待ってるでしょう。生活の余裕は大幅に減り、医療や教育、介護の負担も増える一方です。


 残業代は十分にでずに、年収300万が勝ち組になるかもしれません。


しかし、それでも我々は子育てをして国を維持していく義務があると思います。政府はあてになりません。安倍内閣や後継政府は企業の代理人でしかないです。


 現在、我々は安倍政権への抗議と危険性の拡散に努めております。しかし、同時に生き抜くための準備も必要です。


 安倍政権の売国政策が実現した場合でも、祖父母が生き抜いた戦前・戦中、戦後と比べたら、マシだと思います。


 生き抜くためには,価値観の大幅な転換が必要です。「新築戸建」「マイカー」「中学受験」「ブランド品」といったものが、本当に自身と家族の生存に必要かどうか?これを早い段階で見直す必要があります。


 典型が多額ローンでの新築住宅購入だと思います。住宅の需要が伸びることは国内の多くの産業に影響があり、内需拡大策の典型と思います。政府は、個人が住宅を購入しやすくなるようにするべきです。安定雇用は基本です。


 しかし、政府が進めるのは残業ゼロ、派遣延長、解雇自由、外国人労働者等の雇用破壊につながる政策ばかりです。この政策下で多額のローンを持つと家族を巻き込んで、生活の余裕がなくなると思います。ブラック企業でも転職しづらくなると思います。


 安倍政権には、国内の需要を本気で拡大しようとする気配は感じません。政府は国民を低賃金化させて輸出産業を設けようとしてます。彼等に都合よく使われないように準備する事も重要です。


 意気消沈してはいけません。彼等との戦いはこれからも長く続き、孫の代までかかっても勝利しないといけません


↓よろしければ1日1回応援クリックお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ ブログランキング

憂国の一国民(財政危機はウソ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス