景綱、アマダー選手に謝る | 伊達武将隊公式ブログ

伊達武将隊公式ブログ

杜の都・仙台の魅力を広める為、
仙台に縁の深い英雄たちが蘇った伊達武将隊
国内外に仙台PRの為に出陣中!


テーマ:
2017プロ野球、我等の東北楽天ゴールデンイーグルスは現在首位を走る。


が、


深刻な不振に悩み続ける選手が居た。






昨年、楽天イーグルスに入団。
193センチ、約140キロの大きな身体。


素人目にも「ホームランバッター」とわかる体格。


しかし、5月9日までホームラン2本、打率.198と全く打てていない。


『アマダー選手を代えるべき!』
『何故打てないアマダー選手を使うのか!』
『梨田監督は頑固だ!』


様々な声が挙がった……


しかし、


アマダー選手は己の力を信じた。


梨田監督も己の采配を信じた。


5月10日(水)千葉ロッテマリーンズ戦。


記念すべき成実殿との初観戦。




6番DHジェフェット・アマダーのスタメン発表を聞いたわしは思った。


『えぇ……アマダー選手はちょっと厳しいのでは……』


周りのお客人も同じであった。


また声が挙がる。


『またアマダー選手かよ!』
『まあ、これで最後だろう』
『今江選手を使ってくれ!』


うーむ。
ここまでの成績(特にここ最近の試合)を見ればこう言われても仕方があるまい。


だが、


彼はひっくり返した。


悪しきイメージを。


1回2アウト満塁、カウント2ボールからのインコースへのストレートを掬い上げた。


打球はぐんぐん伸び、楽天イーグルスファンで賑わうレフトスタンドへ。


満塁ホームラン!


「打った……?打ったのか?アマダー……?」


わしは固まっていた。


どれほどの時間固まっていたかわからぬが、思わず声が出た。


「アマダー!打てるではないか!これまで酷いことばかり申してすまなんだ。許してくれぃ」


周りのファンは笑っていた。


「笑えよ。だが、お主達もアマダーに謝らねばならぬのではないか?」


わしは兎に角、アマダーに感謝した。


試合は則本投手の完封劇。
5ー0で勝利。首位を維持。


いやあ、


ありがとうアマダー。


これからもよろしくアマダー。





今日は気分良く眠れそうじゃ。


ほんにありがとうアマダー!


片倉小十郎景綱

伊達武将隊さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス