だるま堂では、高校サッカーの選手や甲子園出場校のピッチャーや高校生バレリーナなど若者をはじめとして、プロのアスリートの方々や世界的なパフォーマーなどが施術に訪れます。

だるま整体の施術を受けると、骨盤を中心に身体全体の歪みが整うので、その直後にパフォーマンスが向上し、競技における記録が伸びたり体力など持続力に大きな効果をあげることがすぐにわかるようです。

下記の口コミも現在は趣味としてフットサルをやっているハンドルネーム「ゲルトハルト」さんのだるま堂への口コミを掲載させていただきました。


☆『体力が10歳若返った」〜ゲルハルト〜

趣味でフットサルをしているのですが、アラフォーなので若いみんなと同じような激しい動きはもう無理だと思ってました。

でも、こちらの整体に通ってから、体力トレーニングをしたわけでもないのに、20代前半の頃のような動きができるようになりました。

整体の先生が言うには、骨盤のズレが原因で骨盤付近の血管が圧迫され、左右のバランスが悪くなり、それで疲れやすい体になっていたとの事・・・(ちょっと間違って覚えてるかもしれませんが)

こちらに通うようになってから体を動かすことが楽しくなりました。

この感動をぜひ、体力がなくなったことを言い訳に運動をしなくなっているアラフォー世代の人たちに伝えたいです。

『頭痛持ちの方へ』

テーマ:
頭痛は、血行不良によっても起こることがあります。

わかりやく言えば、肩凝りや首凝りなどが原因になっていることも少なくありません。

しかし、その肩凝りや首凝りの第一原因は、骨盤の歪みによって背中の筋肉が張りその影響により肩凝りや首凝りになっている場合があります。

また、骨盤の歪みは頚椎の歪みにも繋がり、それもまた頭痛と関係してくることもあります。

骨盤の歪みを先ずは整えてから、次に背骨や頚椎の歪みを整えてゆけば、筋肉も柔らかくなり、頭もスッキリとして目前も明るくなり気分も爽快になってゆく可能性があります。

今日は、肩凝り、首凝り、頭痛持ちだった『べにょ』さんが、だるま堂療術院への口コミ(エキテンへの)をしてくださった文章を掲載したいと思います。

☆「べにょ」さんからのの口コミ

腕のいい先生です。きめ細やかに治療してくださいます。
20代で60代の体と別の整体で言われるほど、肩こり、首こり、腰痛もちの自分。整体院、整骨院、カイロ、マッサージ…十数年かけて色々やってみましたが、やっとここで腰を落ち着けることができそうです。

一回一回の治療で効果を感じますので先生の腕は本物だと思います。また、体全身をとても丁寧に治療してくださってあの値段はかなりお得だと思いました。

でも、一番おどろいたのが、初めて行ったときには先生に片頭痛で入院したことがあることは全然話していなかったのですが、先生が頭痛の原因になっている場所を見つけくださり『こりゃひどい。頭痛あるでしょ?』の一言。

別の整体院では、痛い場所をほぐすことはしてくれて一時的によくなるのですが、この元凶を見つけて治療してくださったのはここが初めてでした。ビックリというより感動です。これが★5をつけた決定打です。

本当にもっと早く通ってればと思います。(といってもできたばかりのみたいでしたが)整体院は街中にたくさんありますが彼氏の紹介で自宅からはちょっと遠いですがここに行ってみて大正解でした!

整体院でどこに行ったらかいいか悩んでる方がいらしたら、試しに行ってみて損はないと思います!

【だるま堂エキテンはこちら】
‭https://www.ekiten.jp/shop_5996674/‬

今や世界的なお祝いの日となったバレンタインデー。

日本ではチョコレートを女性が男性にプレゼントするというのが一般的です。

1月の中旬にもなれば、デパートにはバレンタインデー特設チョコレート販売コーナーが設けられて賑わい始めます。

このバレンタインデーというのはどんな由来があるのでしょうか。

これは、紀元3世紀に実在したキリスト教の司祭バレンタインの名前から来ています。

当時ローマでは兵士たちの結婚を許していませんでした。

皇帝クラウディウスは兵士が戦争で妻や子供を恋しがるのを恐れて、結婚を禁止にしてしまいました。

しかし、バレンタインはローマの法を破り兵士たちの恋人と結ばれたい熱い想いに応えて、結婚式を密かに行っていました。

皇帝はそれを知り、バレンタインに厳重注意をしましたが、彼はそれでも兵士たちの結婚式をとり行い続けたのです。

皇帝は怒り、ついにバレンタイン2月14日に処刑しました。

バレンタインは命をかけて恋人達の味方をしたんですね。

そう考えるとバレンタインデーは愛する者たちにとって、本当に聖なる日なんですね。

この聖なる日の主流となるプレゼントとなるチョコレート。

実はインフルエンザの予防にもなるというのです。

以下の文章は厚生労働省のホームページのあさコラムより抜粋してみました。

☆さて、このチョコレート、実はインフルエンザウイルスへの予防効果があるらしいのです。
 「えぇ?ホント?」とつい疑いたくなりますが、日本チョコレート・ココア協会などによりますと、チョコレートやココアに含まれるココアポリフェノールの効果には、血圧低下や動脈硬化予防といった生活習慣病の予防効果、脳機能の改善効果、アレルギーの改善、便通改善などの他に、インフルエンザウイルスの感染抑制効果があるようです。

(あさコラムvol.42より。ちなみに聖バレンタインについてここでも紹介されていますよ。)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000168172.html

上記のようにココアポリフエノールを多く含んだチョコレートはインフルエンザの感染抑制効果を始めとして血圧低下や動脈硬化予防といった生活習慣病の予防効果、脳機能の改善効果、アレルギーの改善、便通改善などにも効果があるようです。

ただ、いくら良いと言ってもチョコレートの食べ過ぎは良くありませんね。
(カカオ70%以上で1日25グラムくらい、つまり板チョコ5かけらくらい)


また、カテキン(ポリフエノール)を含んだ緑茶も効果的です。

緑茶をこまめにとると良いようです。

また、インフルエンザは普通のうがいはあまり予防に適していませんが、緑茶のうがいはとても有効です。

歯磨きを徹底することと、緑茶うがいはとても有効であることが全国の医師、研究グループにより発表されています。

今年は11月中旬から、新しい年を迎えて2月になってもずーっと低温注意報が出ていることもあり、インフルエンザが猛威をふるっています。

健やかなバレンタインシーズンを送るためにも、ぜひ健康第一の生活を心がけて風邪やインフルエンザ予防ににチョコレートや緑茶を上手に摂取してください。

【だるま堂療術院はこちらから]
https://www.ekiten.jp/shop_5996674/review/