以前からいろいろお世話になっていて、
 
ぜひ行ってみたいと思っていたバー アレグレさん
 
ビルの3階でエレベーターをおりてお店の前に到着しました。
 
 
腰をかがめて入らないといけないくらいの
 
小さな入り口の上には刀が置かれています。
 
刀を外し、日常の立場から解放された素直な気持ちでお酒に向き合ってほしい
 
というお店のメッセージだそうです。
 
刀に加え、まるで茶室の躙り口のような小さな入り口
 
バーですが、和の雰囲気を漂わせてます。
 
腰をかがめて入り口をくぐると
 
店内はゆったりした落ち着いた空間になってます。
 
オールドファッションド
 
以前にカクテルの基本と聞いて以来なんとなく頼んじゃいます。
 
ライウイスキーで作っていただいたオールドファッションドをいただきながら
 
いろいろと話を聞いていると、
 
禁酒法時代をイメージしたバーがすぐ隣にあるんですよ
 
と言われ、案内されたのが
 
 
壁…
 
 
廊下の壁の前に立たされたのは小学校以来でしょうか。
 
すると、パチリと音がして壁が開くじゃないですか!
 
店内の写真は撮り損ねたんですが、
 
コの字型のカウンターで囲まれた落ち着いて飲めるバーになっており
 
いろいろと洋酒のことを教えていただきました。
 
ご興味がある方はぜひ壁を調べてみてください。
 
ご馳走様です。