県外からのお客様にぜひ広島文化 〆のお好み焼き を体験してもらうため
 
紙屋町の蔵屋さんにお邪魔しました。
 
お店に入るなり元気がよすぎるくらいの大きな声で出迎えてくれました。
 
遅い時間でしたが、元気ハツラツで迎えてもらいました。若い人っていいですね。
 
一方、我々は40代以上のメンツでの飲み会、持病の一つ二つ出てくる年代の集まりです。
 
案の定、(私も予備軍ですが)一軒目で痛風ネタで盛り上がりました。
 
玉葱を食べると痛風の発作がでない!(あくまで個人的な経験に基づく意見です)
 
と豪語されている方がいらっしゃったので、
 
まずは、オニオンスライスてんこ盛りのサラダ

痛風どうこう関係なく、玉葱大好きなので、おいしくいただきました。

 

とん平焼き

サッと出せる鉄板メニューですね。
 
お好み焼きのキャベツが蒸しあがるまで、とん平焼きでしのぎながら、まずは一杯
 
そして、来ました、お好み焼き
 
蔵屋スペシャル(ネギ、イカ天、しそトッピング)とオーソドックスな肉玉そば
 
メキシカン焼き
肉玉そばのトッピングにトマト、オニオンスライス、そして、ハラペニョ
 
 
えー!〆にこんなの食べれないよ
 
と言っていましたが、みんなでペロリ
 
しかも、メキシカン焼きが酸味があって意外とあっさり味、一番人気でした。
 
あともう一枚は余裕で行けたかもしれません。
 
ご馳走様です。