本光寺住職のダラブログ

これからのお寺は変わらなければ。「人間ダラといわれて一人前」を掲げる住職の、御門徒さんとのふれあいブログ、略して「ダラブロ」


テーマ:
 住職という字は、寺に住む職業とも読めるので、門徒にとっていざと云う時に住職が寺に居ないのでは様になりません。それで、住職は寺の管理人のようなものだと、私は思っております。これは性分なのですかね、この春にも、北陸大谷高校の空手部の生徒が東京武道館で全日本選手権大会に出場するというので、居ても立ってもおれず深夜に車で応援に出掛け、その日の晩遅くに帰って来るといった始末です。どうしても、私は何日も寺を空けることができないのです。寺での24時間は、仕事とも云えるし、また生活そのものとも云えます。

ところで、私が寺にいて一番心配なことは火事です。この20年間に近所で火事騒ぎが再三あって、その度に火事の恐ろしさを経験しました。その中で、私が最も肝をつぶしたものに、平成2年4月8日午前1時過ぎに、寺に隣接する民家4軒が焼失する火事がありました。出火時、寺の隣の病院から聞こえる火災報知機のけたたましい音に目が覚め、障子の外が異状に明るいことに気が付き、障子を開けて外を見ると、その病院の隣の家から火の手が上がっているではないですか。強い南風(後の報道では風速20mだったそうですが)に煽られて、赤い火の粉が暗い空に、それも本堂の屋根の上まで届く程に高く舞って、寺全体に降り注いでいるのです。
梶
私は直ぐに外に飛び出し、女房は私の両親の居る寝室に走りました。しかし、その時には、まだ消防車のサイレンの音が聞こえていませんでしたので、境内に車が入れるようにと、先ず、寺の裏門の扉を開けようと南京錠に鍵を挿そうとするのですが、慌てていて中々入らないのです。でも、何とか開けて、その後出火した家の一番近くの寺の消火栓ボックスから口径20ミリのホースを引っ張り出し、筒先が跳ね回らないよう、ツツジの木に挟み、起動ボタンを押し放水を始めました。私はその時の異様な明るさを今でも忘れられません。
家事
まるで火の粉がぼた雪のように降り注いで、丸でライトを浴びているような明るさでした。放水しながら「もう駄目だ。寺が焼ける。これじゃ、きっと焼けて仕舞う。わしの代でこの寺が無くなる。ああ、早く、助けてくれ!」と、私は心中叫んでいました。その時でした。幾筋もの放水が見えたのは。それを見て「あっ、助かった!」と、思ったと同時に、一瞬にして回り一面が霧のように真っ白になりました。今、思い出しても、何台も来たであろう消防車のサイレンの音さえ記憶に全くない位ですから、余程動転していたのでしょう。
でも、もしこの日の晩に私が寺に居なかったなら、と思うとゾッとしてしまいます。

住職の口癖  説教ができても、自分の言葉で話す人は、案外と少ない。

バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
 寺で仏前結婚式が行なわれることがあります。この日に結婚式を寺で挙げたいと、申し込まれた新婦の父親は「チャペルは嫌だ。バージンロードを娘と腕を組み歩くなんて、まっぴらだ。日本人は仏式だ」という今時珍しいこだわりを持った人でした。でも、娘にとっては駄々をこねた、ただの我儘な父親でしかなかったようですが…。
結婚

ところが、流石にこの若い二人は言いたい放題のそんな親の意見にも逆らわず、とてもしっかりしていて、これが案外と「仏式の方が新鮮な感じがするかも」と言って、素直に聞き入れたそうです。


ところで、この20年間で私が結婚式の司婚を勤めたのは、これで14組目でしょうか。うちの寺でさえ年に一回も無いほどの割合ですから、今や一般には仏前結婚式は馴染みの薄いものになってしまいました。
結婚

今日、日本では結婚式と云えば神式の方が定着していますが、これも戦後、皇族や社家の者に限っていた神前結婚式を意図的に大衆化させたもののように思われます。そのことで、誰もが言うように、「結婚式は神社で、葬式は寺で」という誤った一般常識を多くの人に植え付けてしまいました。それで、中には結婚式を寺で挙げることは相応しくない、と執拗にこだわる人もいますし、更に甚だしいものには、寺は結婚式ができないものと思っている人さえいるのです。

私は以前大阪の難波別院に勤めていた頃、この別院では月に平均4組から5組の結婚式がありました。私にとってここでの経験が今大変役に立っていて、滅多に無い仏前結婚式の要望であるにしろ、その度に難なく応えていけます。
結婚

しかし、その反面私が心配していることがあります。それはこれほど仏前結婚式が少なくなると、将来その結婚式を引き受けられる寺がなくなるのではないかということなのです。

式次第があっても未経験ではできません。どのような小道具が必要なのか、式場をどのように作るのか、一人一人の立ち振る舞いはどうするのか等、未経験では想像もつきません。
何故なら、儀式の伝承は身で習わなければ、覚えられないからです。

住職の口癖  親切も度が過ぎれば、おせっかいだ。

バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
この頃よく本光寺に塀が取り払われたことについて、その理由やその経緯などを聞かれることがあるのですが、これにはちょっとした秘話があったのです。

ここで、平成11年3月31日付の総代会(総代11名から成る決議機関)の議事録を読み返してみますと、その時議案に出した「塀の取り壊しについて」諮られているのですが、実はこの件については3年越しの懸案事項で、この時が最終審議の機会でした。ここには「反対意見が続出」と書かれてあり、一旦はこの議案が採決されるも1対10で否決されているのです。その会議では、加納實責任役員が議長を務めておられたのですが、その採決の結果が出た後、議長が「住職、何かおっしゃりたいことは?」と、私に意見を求めて下さいました。そこで最後に私が発言した内容がこの議事録に残っているのです。
ミニ公園

「塀の取り壊しについて住職は『否決されたということは私が非常識ということなのでしょう。それは私も十分承知しているつもりだ。ただこれも本光寺開闢1000年目の節目に寺院の在り方を変えたいと思ったからだ。塀を取り壊すか、壊さないかの議論ではなく、新たな空間、即ちミニ公園をそこに造るために塀をなくしたい。もし、できることなら、出来上がってからでも、もう一度判断してもらえないだろうか。そこで復元が必要となれば、私の責任で復元させて頂く。快く皆さんが賛成できないことは知っている。笑いものになるかも知れないが理解してほしい』と述べた」と書かれてあります。

そこで、議長は唯一賛成した源総代にも意見を求めると、源総代は「私は四国巡りをしたが、半分以上の寺には塀がない。塀を無くすることは、小松市の景観では初めてのことで影響は大きく、新しい試みだ」と、応援して頂いた。その後、議長は「どうですか皆さん。住職は不評ならご自分の責任において塀を元通り復元するとまで言われているのですから、我々に反対する理由はないのではないでしょうか」と、再度諮り、結局皆は渋々同意したのでした。

しかし、工事が始まってからも現場で声高に非難する者や、電話でも「だら住職」と叱責罵倒されましたが、ミニ公園が完成近くなるにつれ評価も高まり、荒々しい声々も自然と治まっていきました。
ミニ公園

これは、言うまでもなく、このミニ公園を設計した森秀一というデザイナー との出会いがあったればこそ、私に粘りと勇気を持たせてくれたのでしょう。

住職の口癖  型を覚えて、型にとらわれない。
バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。