本光寺住職のダラブログ

これからのお寺は変わらなければ。「人間ダラといわれて一人前」を掲げる住職の、御門徒さんとのふれあいブログ、略して「ダラブロ」


テーマ:
ある年の12月、山代温泉 のあるご門徒宅へ報恩講勤め伺った時のこと。私が仏壇の前に座ると、そこですぐに私の目に入ってきた物が、平成11年に「本光寺ホコ天まつり」に使ったポスターの縮小版と云いますか、そのポスターをA4サイズに写したチラシが打敷のように正面に下がっているではないですか。それを見て、私は腰を抜かさないまでも、相当びっくりしました。まさか、このような所で私の頭が仏様のように拝まれているとは予期をもしておりませんでしたから。あたま

このポスターの中央には私の後頭部の写真が使われていて、その頭には「千」という字を剃り込みした髪の毛できれいに描かれています。そもそもこのような大胆なポスターを作ろうとしたきっかけは、泉原君 の「住職の頭を使ってみては」の一言からでした。この提案には誰もが賛同し、また本人(私)もその気になり、到頭やってみることになりました。でも、今思い出してもこの作業は大変なことでした。

 先ず、近くのタチバナさんの店で、宮誠而 さんが用意をしてきた型紙を私の頭に当てて白粉で型取りをしました。そして、少しずつ剃り落として出来上がるまで、何と1時間30分も掛かりました。私はこの頭で往来に出ることが恥ずかしくて、店から寺まで凡そ300m程を自転車で一目散に、それも帽子をかぶると毛が寝るというので、毛に触らぬよう帽子でかざして帰りました。それから撮影、そしてまた店まで同じように戻り、剃り込みを落としてもらい、やっと終了しました。

当時、このポスターが小松の所々に貼られてあって、「この頭は一体誰か」と話題になっていました。ところが、この婆さんはチラシの写真を見て、すぐに私の頭だと判ったそうです。私は仏壇の前に座りながら「婆ちゃん、あれからもう4年以上も経っているのに、ずっとこんなにして下げていたの?」と訊ねると、「そう、ご院さんだと判ったら、クチャクチャにできなくて、捨てられなくて、ずっとこのままながや」ですと。

ちなみに、これまで5回本光寺の夏まつり用のポスターを作っていますが、私がモデルになったものは、このポスターを含めて2回あります。これが何故か2回共後向きなのです。

住職の口癖  前例は作るもの。

人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
 一般にどの家庭でも、仏壇の所謂〝おもり役〟は、主にその家の年寄りに任せられていて、普段のお内仏の給仕(朝夕のお参り)は年寄りの役目になっているようです。このように、家の若い人が仏壇に寄り付かないことをよいことに、<仏様はきっと守って下さる>と思って、自分の大切な物を仏壇に隠している人もいます。

 いつだったか、私はある門徒宅で勤行前の準備中、黒塗りの和讃箱の蓋を開けたら中に現金が入っているではないですか。私は後ろに一人居た婆さんに「あれ、こんな所にお金が…」と言うと「あらっ、むせえ(あらっ、いやだ)、家のもん(者)には内緒ながいね。わても、今まで忘れとったがいね」と言いながら笑っています。「これ、婆ちゃんのヘソクリやね。うまい所に隠したもんやね。ここじゃ、子たちにも、ちょっと分からんかも知れんね」と、私は婆さんの知恵に感心しておりました。

 ところで、本光寺には「おみたきさん」というこの寺独自の法要があります。これは位牌や古い絵像、打敷、経本等の処置法要なのです。これは一体どんな法要かというと、仏壇の中には我々の目から見て不必要な物が随分と入れられています。例えば旅行の土産に持ち帰って来たような置物の人形、葬儀に使った白木の位牌、故人のスナップ写真などです。その他、甚だしいものに釈迦の涅槃像を写した写真を堂々と奥に立て掛けた厚かましい宿借り本尊や、故人の死に顔を写真に撮った生々しい写真を置いたりと、私はこれらの物を見付ける度に、気が重くなってしまいます。
おみたきさん

 たとえ排除を促がしても、一旦入れて仕舞ったこれらの物を出すには、実はとても勇気がいることなのです。「もしも、このことで悪い事が起るのでは」と、恐怖心にかられていて容易に仏壇から出すことに中々同意をしてくれません。喩えば、ここに半紙や木片などに墨で「南無阿弥陀仏」書いた物があるとすると、誰もが容易に屑篭に捨てられないというのと同じで、これは人間の共通した心の弱さを示していて、これが邪教に心が向く温床になっています。
おみたきさん

 そこで考えついたものが「おみたきさん」という法要だったのです。これを年に一度の本光寺の重要な仏事として多くの人たちに知ってもらうために、平成6年から大衆的な夏まつりを催し、その時に執り行なうことにしました。そして、この法要を恒例化させて、門徒の仏壇の中からこれら不必要な物を一掃させることが、この法要の狙いなのですが…。
 
 今年のおみたき法要は7月22日(土)13:30~です。

住職の口癖  自分がダラだと気付くと、人がよく見えるね。
バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
  毎回私は原稿を書き上げる度に「もうこれで止めよう、最終回にしよう」と心に決めるのですが、何故か深夜になるとノコノコと布団から起き出して何やら書いてしまうのです。いつもそこへ女房がトイレに起きてきて、こうこうと明かりのついた私の居る部屋に入るや否や、眩しそうに眉をひそめて「また、無駄な電気を使って勿体無い!」とパジャマの上から腹を手でかきながら小言を一言。

私はこの冷たい言葉にじっと耐えながら72回、よく書いたものです。何が楽しいのか、実は自分でもよく分からず、止める勇気が持てないままダラダラと続けてきました。兎にも角にも、今までお付き合い下さった読者の皆さまに一先ずお礼を申し上げておきます。

 さて、一般に、いや門徒の人たちにも、寺が早朝一番せわしいことを知る人は少ないようです。寺は年中無休で、特に朝の掃除と朝の参りは、食事と同様欠かすことがありません。

以前、私が旭川別院にいた頃、本谷義雄という輪番は皆に朝5時半出勤を強制していました。当時この別院に勤めていた12人の僧侶には、たとい公休日であっても朝の参りと掃除に出なければならず、そのことに中堅僧侶4人が反発して輪番に直訴したところ、この本谷輪番曰く「君たちも自坊に帰って住職になれば、一日とて休みはない筈だ。朝の参りと掃除は労働ではなく、この行為は真宗僧侶・門徒の当然な信仰の顕れだ。甘えるな!」と一喝され、ついに完全休日の要望は認められず、遂には4人揃ってクビになってしまいました。

また、いつか講師に来て下った和田稠 師が「私も全国の寺々に寄せてもらうが、晨朝(朝の参り)を勤めている寺が極めて少ない。それは寺に本堂が必要でなくなったようなものだ」と嘆いておられましたが、これには私も全く同感です。例えば、公務員や学校教師などの所謂兼職住職は、朝は時間の余裕もなく、ともすると何日も本堂に入らずじまいの住職もいることでしょう。

 昭和56年、本山の報恩講に私は大阪難波別院から内番加勢に派遣された折、早朝、御影堂の須弥壇上を一人で掃除をしていると、上司に「止めろ、そこはお前がする所じゃない」と、ひどく叱られことがありました。でも、そこは誰もがこの親鸞聖人の御影に向って手を合わせる一番大切な所なのに、そこが広い御堂の中で長年の埃がかさぶたになる程に一番汚かったのです。〝ホトケほっとけさん〟とは、門徒に対して言う言葉ではありませんでした。

住職の口癖  寺に生まれて、すんなり住職になった人は、線が細いな。
バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年の1月末の或る日、女房が25年前の懐かしい一枚の写真を見つけ出しました。私はその写真を見た時、「あぁ、そうだったな」と、一瞬にして25年前のこの日の事の記憶が蘇りました。その写真には、真ん中に真言宗の袈裟を掛けた中年の住職が座っていて、両脇には一張羅の背広を着た私と、着物姿の女房が写っています。場所は寺の本堂内のお内陣を背景に撮られています。
なつかし写真

実は、何故にこのような写真があるのかというと、少々訳があるのです。当時、私は旭川別院という寺に勤めて丸1年が経ち、結婚して9ヶ月、最初の子が授かって丁度5ヶ月目といった頃でした。
女房が「安定期に入ったので、戌の日を選んで、腹帯を持って、何処かの寺で安産を願い、お参りがしたい」と、言い出したのです。しかし、私は直ぐに同意をしたものの、真宗の別院や寺では私たちの素性や結婚について、根掘り葉掘り聞かれることが嫌でしたから、結局他宗の寺にお願いすることにしました。

そして9月の戌の日の晩、半ば飛び入りのようにして市内の或る寺を訪ねました。すると夜分にもかかわらず、その寺のご住職が私たちを暖かく迎え入れて下さったのです。恐らくその寺に滞在したのは僅かの時間だっただろうと思いますが、終始親切にして頂いたことを今でも忘れられません。

私はこの一枚の写真に出合って、急に25年前のこの時のことが懐かしく思い出され、無性にあの寺の名前が知りたい、そして、一言ご住職にお礼が言いたい、という思いが募りだしました。
そこで、私の知人で小松の真言宗那谷寺の木崎馨山住職にその思いを打ち明けましたところ、その数日後には、この写真を手掛かりに寺を探し出して下さったのです。嬉しかったです。

その寺は金毘羅教会と云い、早速、私はそこにお電話をして確かめたところ、ご住職は十数年前に脳溢血で倒れられ、その三日後に亡くなったこと、写真を撮って下さったのは当時大学生だった娘さんで、その時のことをよく覚えておられていたこと、などを知りました。

残念ながら、ご住職には直にお礼は言えませんでしたが、私の52年の人生の中でたった1時間程の短い思い出を、今になって突如として出てきた一枚のこの写真のお陰で、私たち夫婦のこれまでの道のりの大切な一齣を呼び起こしてくれました。

住職の口癖  怠け心に、癖がつく。
バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。