先週から怖い話を2つ書かせていただきました、

記事は2つで終わろうとしたのですが、

そういえば本当に怖い話を書いていないなと思い、3つ目を書こうと思います。

怖い話が苦手な人には申し訳ないです、夏の風物詩としてお許し下さい。

 

それは8月のジリッと暑い日の結婚式のことでした。

挙式が執りおこなわれ、新郎新婦さんは大きな階段を降りていきブーケトスを行いました。

 

このブーケトスとは花嫁さんが持っているブーケを天に放ち幸せのお裾分けをするという主旨のものです。

まあ実のところ独身の女性を強制的に招集したりするので、ひんしゅくを買う可能性もあるイベントです。

その影響もあってか、最近はあまりやる方がいなくなってきました。

先日は下記の様なケースもありましたね。

 

 

●ブーケトスに43歳独身女性部長を召集

https://ameblo.jp/dapanda45/entry-12385569291.html

 

ブーケトスは確率的にいえば「あの時、ひどかったよね」

と心の掛け違いによる事故率が高いイベントの一つです。

 

その日の結婚式で呼び出された女性は同年代のご友人5名でした。

80人の中から5名呼び出されて、太陽が真上にある炎天下で花嫁さんのブーケトスを待っています。

80名の前に暑さからなのか、恥ずかしいのか笑顔ではなく真顔で立っています。

さらには直立不動です、呼び出されたから立っていますオーラ全開です。

 

花嫁さんはブーケトスの準備、メイク直しをしている時間、

呼び出された5名は3分程度の間じっと、冷静に花嫁さんを見つめていました。

見つめているというか「暑いし、恥ずかしいから早くしてよ」という書き方の方が正しいかもしれません。

 

そしてやっとブーケトス、

をしたのですが1投目は真上に投げてしまい花嫁さんの真後ろに落下しました。

固い石の上に落下したので、ブーケは破損してしまいました。花がぶらんぶらんしています。

 

そして2投目、ずっと待っている5人の方向に向かってきれいに飛んで行きました。

誰が幸せのブーケをゲットするのか!

 

誰も取りませんでした。

 

5人はすぐ目の前に落下したブーケを静観しています。

暑くて体調がすぐれないのかなと心配していると、

司会者さんから「うまく飛ばなかったようですのでもう一回行きましょうか」

と明るい声が聞こえたと思った瞬間に、5人のうちの一人がブーケを拾い上げました。

これでブーケトスは成立するな。

 

と思ったのもつかの間、

その女性がブーケを拾い手元に持った瞬間に後ろに投げました。

大リーグで活躍中の大谷翔平選手を彷彿させるような、

ヒジをやわらかく使った投球フォームでブーケは敷地の外の森へ向かって飛んでいきました。

 

これも演出???

 

と思ってしまうほどのスムーズな流れでしたが、そんな進行はありません。

5人の前に出ていた女性達は、

何事もなかったように灼熱の屋外から室内の控え室へと足早に向かって行きました。

 

この場の収拾が難しいと思った司会者さん

「冷たいお飲み物をご用意してありますので控え室に…」

とアナウンスされていました。

新郎新婦さんもゲストも何もなかった見なかったように、

チャペル前の広場から移動していきました。

 

披露宴が始まる頃にお二人の担当女性プランナーさんが披露宴会場に駆け込んできました。

黒のスーツは汚れ、髪はボサボサ、

汗をたっぷりかいた顔にはすり傷がついて出血しています。

花嫁さんから「森に飛んでいったブーケを回収してきて下さい」と言われたそうです。

脚立とか木登りをして、ブーケトスのブーケを回収してきました。

 

そして再び花嫁さんからの指示で

「そのままの形で受け取った人にそのまま渡しておいて」

と言われたたそうです、もはや花はもげてしまっているのでブーケというよりは葉っぱの集合体の様なブーケを、

ゲストのテーブルに紙袋において置かれていました、花嫁さんの指示ですからね。

直接渡さないのはプランナーさんの優しさだと思います。

 

大谷翔平選手ばりのフォームを決めた女性。

披露宴会場が開宴して、華麗なフォームで投げたブーケが自席に置いてあったのをみて、

ご自身のネームカードの裏に何かを書かれていました。

そしてブーケに差し込み、

新郎新婦さんの座るメインテーブルにどかっと置いて行かれました。

 

知らない振りをして恐る恐るそのカードを見てみると

 

「独り身ですが幸せです、どうぞお構いなく」

 

と書かれていました。

その5人の女性と花嫁さんの間にはどんな確執があったのか気になります。

そのあとは何事もなかったかのように花嫁さん、女性とも楽しまれていました。

楽しまれてはいましたが、時たま花嫁さんと女性の目が合う度に、

何か末恐ろしいものが弾けている、そんな気もしました。

 

生きている人の方が霊とかよりもよっぽど怖いです、女性は特に…(笑) 

 

(写真と本文は関係ありません)

パンダ自己紹介と他己紹介&2017年度人気記事のご紹介

 

カメラ結婚式のスナップ写真撮影を承っています

 

パンダブログからお問い合わせの方にお得な特典!!

ダイヤオレンジ前撮り&結婚式当日ロケーション撮影料金無料

ダイヤオレンジ手焼き風プリント40カットプレゼント 

など、まだまだあります。

 

ウエディングカメラマンの裏話

 

日程の空き状況だけ確認をされたい方はコチラ→

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

今まで19年間約1700組のカップルの結婚式を撮影してきました。
お二人の結婚式、心とダジャレを込めて撮影させていただきます。

よろしければ運営しているwebサイトのご紹介をさせていただいております、
結婚式のスナップ写真撮影依頼についてなど、お気軽にご相談ください。

 

お問い合わせが大変多く、空いている日程が非常に少なくなっていますので、

お早めのお問い合わせをおすすめいたします。

 

パンダ撮影のお問い合わせのメールにはすでに撮影予定が入っていても、

48時間以内に必ずお返事をさせていただいています。
●「問い合わせをしたけど、返事がまだ届かない…」 そんな時は【迷惑メールフォルダ】の中をご確認ください。
●スマートフォンや携帯電話からのお問い合わせの場合、設定によりこちらからのメールが送れないことも多いです。パソコンメール、URL付きメールを受信する設定にされて再度お問い合わせ下さい。
それでもメールがないようであれば、 念力かメールで再度ご連絡下さい
手紙パンダ

 

【TV&ラジオ出演】■『Mr.サンデー』(フジテレビ)■『ブログの女王』(テレビ東京)■『MUSIC PLUS』(J-WAVE)■『site9-11』(FMぐんま)

 

【メディア掲載】■写真好きのための法律&マナー(朝日新聞出版)■アサヒカメラ2017年12月号(朝日新聞出版)■日本写真家協会会報2017年11月号(JPS)■『本当にあったブログ内緒話』(大洋図書)■信濃毎日新聞 ■ねっため(ソフトバンククリエイティブ)■ドバイ政府観光・商務局 ■H.I.S.


■アメーバブログさんが運営されています『アメばこ』にインタビューされました。
『アメばこオススメブログ ウエディングカメラマンの裏話』

 

インスタグラムと冷やし中華始めました('A`)