理論を語ろうが、答えの無い曖昧なスピーカーの

話から、勝てるような言葉は絶対に出てはきません。

ニュースやネットの情報が皆さんの気になるところ

でしょうが、それを見聞きし、上手になったという人を

私はお目にかかった事がありません。

 

 

勝つためには、見えるものだけに焦点を当て

学習することです。見えるもので信じれる物と言えば

チャート以外にはありませんね。

 

 

縁あって、皆さん誰もが知るようなビッグ投資銀行の

力ある人と定期的にお話をする機会がありますが、

世間から見れば、その方は凄い方なのでしょう。

 

 

けど、私はトレーダー同士、という立ち位置で

もちろんお会いしているので、その方の言う

貴重かと思える情報も、チャートに現れるまで

は現実的かどうかも定かではないのです。

 

 

くどいようですが、どんな話よりもチャートが

全てを伝えます。マーケットに嘘はありません。

 

 

先ずは相場の常識というもの疑ってください。

 

 

相場で食べていけるようになるまでは凄く大変な

労力をも要しますが、勘違いをしないでいただきたいのは

相場を知ってるからといって、必ずしも出来るとは限らない。

知識のみで出来るかと云えば、まだ不完全という現実。

 

これからが本題、何故テクニカルで勝てない?

 

 

テクニカル手法の数々を皆さん沢山ご存知でしょうし、

また猛勉強もされ、知識も豊富なはずなのにどうして

これほど多くの方が勝てず、未だ悩み苦しんでいる。

その原因は一体何故なのでしょう?

 

 

乱暴な言い方で申し訳ありませんが、

それは、好き勝手なエントリーを繰り返している。

しかしそうは言っても、「テクニカル通りにやってるよ」

と、お答えが返ってくるのは分かっています。

 

 

その行動、その行動こそが相場の常識(知識)だと

そう思い込んでる。いや、そう洗脳させられている。

勝てないようなエントリーをさせられてしまっている。

と言った方がむしろ適語かもしれまん。

 

 

しかし事実はこうです。

ブレイクアウトが失敗しても、実は失敗ではない。

三尊が壊れても、実は壊れてはいない。

ブレイクアウトが成功しても、実は成功はしていない。

この事象を、人は騙しだったと、安易にかたずける。

 

 

テクニカルが現れた段階では、まだ発育状態が見て取れない。

つまり、大多数はこの段階で手を出してしまいロスを計上する。

プロは、その失敗か否かを微分した考えを基に順張り、逆張り

を発動させる。皆がロスカットした場所が、必然買い場になる。

 

 

 

テクニカルを知ってても勝てないその理由、、

そのテクニカル一つ一つに独自の値動き(領域)

の存在があることを理解できていない。

 

 

核心部分をお伝えした事で、もうこれ以上のネタはありません。

これをもって、公には最後の記事とさせていただきます。

お読みくださり、ありがとうございました。感謝申し上げます。