いよいよ梅雨明け、、朝から蝉君の大合唱。

聴けば夏休みのラジオ体操想い出す、、

 

 

 

相場は夏枯れか、、薄商い。

が、深夜便に乗れば良かったな。

コンビニ・ワンコインワイン悪酔い、、

堕ちた、、、、

 

 

コンビ二ワインはもう飲まないと

何度も誓った。でも、チリ産グー。

 

 

俺の日記、俺だけ分かれば良い。

そうは言っても、読んでくれる人もいる。

 

 

なので、少し説明しておきます。

 

 

チャートは、入力と出力の関係を図示したもの。

俺は簡単な数学(運動の法則)から予測を立て

トレードしてる。

 

 

チャートは出力が値段、入力が時間って事になる。

 

 

投げたボールは最初は勢いよく、やがては

緩やかな放物線を描きながら落ちてくる。

キャッチボールの遠投みたいに。

 

 

時間が進むにつれ、縦の軸つまり値段が

維持出来なくなる許容応力を見てる。

なので、いきなりエントリーをしたりはしない。

現れたらインする。数学的で言えば微分。

 

 

だから、急な角度のついた上げも下げも

落ちるときもきっつい。運動の法則から言えば

ごく自然な現れ。

 

 

数学を知る事が良いんじゃなくて、

チャートの本質を理解するためには

そういった考え方もある。ということを知って欲しい。

 

 

 

Tilt 傾き   Normal 通常の寄り付き  

End 押し   U-Limit   逆張り売り頂点

U-Limit Out of Area  加速域

 

 

前場

 

Tilt 765・830   U-Limit  740  End 720

 Out Area  890

 

08:45      Normal  Open 750

 

09:20     Tilt 見てるが、まだ買えん。

      24     Limit売るか、Tilt 買うか。 

               前場戦術、全てはここに。

 

09:30     陰線出されたら買えない。

 

               09:45が勝負時間だろ。

 

09:55    僅かだが765Tilt上がり。手を出すか、、、