MLBは今シーズンを60試合で開催することを決定しました。

かなり短縮されましたが、一時は開催困難とさえ考えていた時もありましたので、MLBファンにとってこんなに嬉しいことはありません!

開幕は7月25日前後ということですが、肝心の我がヤンキースのチーム状態はどうなっているのか??

3月末の時点では、セベリーノがTJ手術、パクストンは腰の手術、ジャッジは肋骨の骨折、ヒックスはTJ手術明け、スタントンは脹脛痛、サンチェスもどこかを痛めたということで、早くも野戦病院と化していました。。。

しかし、最新情報によれば、セベリーノ以外は全員開幕に間に合うということです!!
(本当か?キャンプが始まった途端また故障者が続出??)
コロナ離脱もないようです。。

ということで、いまのところ先発ローテーションおよび野手陣は以下の面子で臨めそうです。

先発ローテーション
①コール
②田中
③パクストン
④ハップ
⑤モンゴメリー or ロアイシガ

内野手
1B:ボイト or フォード or アンドゥハー
2B:ルメイヒュー
3B:アーシェラ
SS:トーレス
控え:ウェード、エストラーダ

外野手
RF:ジャッジ
CF:ヒックス
LF:ガードナー or フレイジャー or トークマン
控え:フロリアル、ウェード、エストラーダ

捕手
サンチェス
控え:ヒガシオカ

DH
スタントン

ここに、セベリーノがいないのは本当に残念でなりませんが、この面子と最強に近いブルペン陣があれば、まずはPS進出は固いところでしょう!

ただ、今回はナリーグの東地区を含めたリーグ戦となるため、ナリーグのチームとの対決は注意しなければなりません。

ナショナルズ、ブレーブスは強敵であり、フィリーズはジラルディが監督に就いたためヤンキース戦に執念を持って挑んでくると考えられます。

また、メッツもニューヨーク対決ということで、簡単には勝たせてくれません。

という状況ですが、とにもかくにもMLBが開催され、ヤンキースはベストに近い面子で臨めそうであり、もう楽しみしかありません!

開幕戦を楽しみに待ちたいと思います!

 

レッツゴー!ヤンキース!!