昨日、僕の住んでいる自治体では、飲酒運転による検挙者が増えていると報道されていました。

 

「えっ・・・」

 

唖然としました。これだけ飲酒運転が悪とされる風潮なのに、減るどころか増えてるなんて・・・

 

実際の検挙の瞬間が報道されていたのですが、逮捕者はこう言ってました。

 

「酎ハイを1缶だけ飲んだ・・・」

 

この言葉を聞いただけで異常なのが分かります。1缶だろうが飲んでしまえば同じ事。1缶だけなら大丈夫と本気で思っていたのでしょうか?

 

恐らくは言い訳でしょうが、どちらにせよ「判断力が極端に低下」しているのは間違い無いです。

 

アルコールを摂取することにより酔いがまわり「感覚が麻痺」することになるのは誰にでも分かるはず。

 

麻痺した状態で運転をするってこと本当に恐ろしいことなんですよね。

 

車は便利な乗り物ですが、一歩間違えれば「破壊兵器」にもなります。人も物も簡単に壊してしまう。

 

実際にある芸能人が飲酒運転により事故を起こし、芸能界を引退せざるを得ない状況になりましたが、人生までも大きく狂わせてしまうのです。

 

でも残念ながら飲酒運転をする人はそんなことすら腹に落とせていない訳です。

 

「少量なら大丈夫」

 

つい軽い気持ちでやってしまう。全くもってあり得ない発想です。

 

前述した通り、飲酒運転をする人は「判断力が極端に低下」しています。はっきり言ってまともじゃ無い。

 

そう、日常的にアルコールを摂取し続けることによって、完全におかしくなっている。理性が吹っ飛んでいるんです。

 

もう1度でも飲酒運転をしたことがある人に関しては「完全断酒」しかないと確信します。

 

高齢者の交通事故多発により免許返納をする人が増えている時代なのに、飲酒運転をするなんて完全に時代錯誤です。

 

飲酒運転をすることは他人だけで無く、自分自身を省みる能力や良識が欠落していると言えます。

 

飲酒運転をするような人がまともな判断力を取り戻す為には、やはりどう考えても「完全断酒」しかありません。

 

本当に事故を起こしてからでは遅いんですよね。簡単に人の命を奪ってしまうのだから。

 

飲酒運転に関してはもっともっと社会的に警鐘を鳴らすべきだと僕は思います。

 


禁酒・断酒ランキング

 

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村